「住友商事」箕面船場に高さ約100mのツインタワーマンション計画(2棟合計731戸)

2022年6月(西側・新御堂筋側から撮影)

住友商事は、箕面船場地区にツインタワーマンションを建設する。

建物の規模は、地上31階建・高さ約100m・総戸数731戸(2棟合計)、設計は竹中工務店が担当する。

着工・竣工時期は未定。

建設予定地は、箕面市立文化芸能劇場の西側(写真手前)で、2023年度に開業予定の「箕面船場阪大前駅」に隣接する土地。現在は駐車場となっている。

2019年の計画では、総戸数490戸のツインタワーマンションだったが規模731戸に拡大する。

2022年5月(西から撮影)

2022年6月(南から撮影)箕面船場阪大前駅の工事中

2022年5月(南から撮影)

写真左では「箕面船場阪大前駅」の工事が進んでいる。

2022年6月(東から撮影)箕面船場阪大前駅の工事中

2022年6月(南から撮影)建設予定地は左の駐車場

2022年6月(東から撮影)建設予定地は駐車場

近隣に建設中の「Brillia Tower 箕面船場 TOP OF THE HILL(高さ103m・30階・397戸)」の方向から撮影。

地図

 

出典 箕面市(図の左側)

出典 箕面船場まちづくり協議会(当ブログで加筆)

建設計画の概要

所在地箕面市船場東3丁目6-10他
用途共同住宅・店舗
建設行為面積7,214㎡
建築面積5,000㎡
延床面積96,000㎡
高さ99.9m
構造鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造
戸数731戸
階数地上31階
棟数1棟扱い(住宅2棟・店舗1棟)
建築主住友商事
設計竹中工務店
施工未定
着工予定未定
竣工予定未定

2022年6月時点

2022年6月時点(立面図)

2022年6月時点(配置図)

 

2019年計画との比較

2019年の計画2022年の計画
総戸数490戸731戸
階数30階約31階
高さ99.5m99.9m
延床面積75,500㎡93,000㎡

総戸数は731戸と以前の計画の490戸から大幅に増加している。

近隣に建設中の「Brillia Tower 箕面船場 TOP OF THE HILL(高さ103m・30階・397戸・延床面積約4.7万㎡)」は2022年4月着工・2024年10月竣工予定で工期は2年半。

本物件の延床面積は9.3万㎡で約2倍だが、ツインタワーの1棟分の延床面積は「Brillia Tower 箕面船場」とほぼ同じなので、本物件1棟の工期は3年程度と予想される。

2棟とも同時に2022年内に着工できれば、2025年竣工の可能性もあると思う。

また、別々に着工する場合、販売面を考慮して駅から遠い棟から着工することが多く、駅に近い棟が後になるかもしれない。

ただ、個人的な予想ですが、2019年の計画から3年遅れとなっているので、資金面から早期に販売するために、同時着工の可能性が高いと思う。

 

2022年5月(当ブログで合成)

 

以下は過去情報

2019年6月現在、住友商事が2023年度開業予定の北大阪急行「箕面船場阪大前駅」の東側に高さ約100mのツインタワーマンション(地上30階建・490戸)を建設する計画が掲示されていた。

2019年6月撮影

その後、「建設計画のお知らせ」は一旦撤去されている。

出典 箕面市(当ブログで加工)

所在地箕面市船場東3丁目
用途共同住宅・店舗
建設行為面積7,214㎡
建築面積4,300㎡
延床面積75,500㎡
高さ99.5m
構造鉄筋コンクリート造・一部鉄骨
戸数490戸
階数地上30階
棟数1棟扱い(住宅2棟・店舗1棟)
建築主住友商事
設計竹中工務店
施工未定
着工予定未定
竣工予定未定

 

現地 立面図(2019年)

現地 配置図(2019年)

出典 箕面市(当ブログで加工)

配置図、立面図等から当ブログでイメージしてみた。

 

過去写真

2019年

北側敷地(2019年5月)

南側敷地(2019年5月)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました