スターラックス航空(Starlux Airlines 星宇航空)2020年12月 関空・成田-台湾路線に就航

台湾の第3のフルサービスキャリア(FSC)「スターラックス航空(Starlux Airlines 星宇航空)」が2020年12月に「関空-台湾桃園国際空港」「成田-台湾桃園国際空港」に就航した。

エバー航空の董事長だった張國煒氏が2018年に設立し2020年1月から運航を開始した。

エミレーツ航空のような上質な航空会社を目指しており、2022年または2023年からエアバスA350とA330を導入する予定で、すでにA350-900×9機、A350-1000×8機、A330neo×8機を発注している。

会社名スターラックス航空(星宇航空)
英語表記Starlux Airlines
レターコード「JX」「SJX」
拠点空港台湾桃園国際空港
使用機材エアバスA321neo x 5機(188席 /ビジネス8席/エコノミー180席)
就航都市(台北から)
  • マカオ
  • ホーチミン(ベトナム)
  • ダナン(ベトナム)
  • クアラルンプール(マレーシア)
  • ペナン(マレーシア)
  • マニラ(フィリピン)
  • セブ(フィリピン)
  • バンコック(タイ・スワンナブーム)
  • 関空
  • 成田
  • シンガポール(2021年9月23日~)

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました