2020年度 大阪・関西の最低賃金・「全国40県が最低賃金を1円~3円引き上げ 大阪 京都 東京など7都道府県は据置」

2020年度の最低賃金
  • 全国40県が2020年度の最低賃金を1円~3円引き上げる。この結果、全国の加重平均の時給は902円となり、2019年度よりも1円上昇する。
  • 但し、「北海道」「東京都」「大阪府」「京都府」「静岡県」「広島県」「山口県」の7都道府県は据置となる。
  • 「厚生労働省中央最低地銀審議会」は2020年度の最低賃金引き上げの目安を示さず「事実上の据置となっていた。
  • 政府は全国平均の最低賃金を1,000円に早期に実現する方針で、これを受け最低賃金の目安を決定する「厚生労働省中央最低地銀審議会」は2016年度から2019年度まで4年連続で毎年約3%の引き上げを決定してきた。しかし、2020年度は新型コロナの影響で、全国の加重平均の時給は1円の賃上げにとどまった。

 

2020年度 大阪・関西の最低賃金
都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
大阪府2019年10月1日964円(+0円)964円(+28円)
兵庫県2020年10月1日900円(+1円)899円(+28円)
京都府2019年10月1日909円(+0円)909円(+27円)
奈良県2020年10月1日838円(+1円)837円(+26円)
和歌山県2020年10月1日831円(+1円)830円(+27円)
滋賀県2020年10月1日868円(+2円)866円(+27円)
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)
2020年度 北海道・東北の最低賃金
都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
北海道2019年10月3日861円(+0円)861円
青森県2020年10月3日793円(+3円)790円
岩手県2020年10月3日793円(+3円)790円
宮城県2020年10月1日825円(+1円)824円
秋田県2020年10月1日792円(+2円)790円
山形県2020年10月3日793円(+3円)790円
福島県2020年10月2日800円(+2円)798円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)
2020年度 東京・関東の最低賃金
都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
茨城県2020年10月1日851円(+2円)849円
栃木県2020年10月1日854円(+1円)853円
群馬県2020年10月3日837円(+2円)835円
埼玉県2020年10月1日928円(+2円)926円
千葉県2020年10月1日925円(+2円)923円
東京都2019年10月1日1,013円(+0円)1,013円(+28円)
神奈川県2020年10月1日1,012円(+1円)1,011円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)
2020年度 甲信越・北陸の最低賃金
都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
新潟県2020年10月1日831円(+1円)830円
富山県2020年10月1日849円(+1円)848円
石川県2020年10月7日833円(+1円)832円
福井県2020年10月2日830円(+1円)829円
山梨県2020年10月9日838円(+1円)837円
長野県2019年10月1日849円(+1円)848円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)
2020年度 中部の最低賃金
都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
岐阜県2020年10月1日852円(+1円)851円
静岡県2019年10月4日885円(+0円)885円
愛知県2020年10月1日927円(+1円)926円
三重県2020年10月1日874円(+1円)873円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)
2020年度 中国・四国の最低賃金
都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
鳥取県2020年10月2日792円(+2円)790円
島根県2020年10月1日792円(+2円)790円
岡山県2020年10月3日834円(+1円)833円
広島県2019年10月1日871円(+0円)871円
山口県2019年10月5日829円(+0円)829円
徳島県2020年10月4日796円(+3円)793円
香川県2020年10月1日820円(+2円)818円
愛媛県2019年10月3日793円(+3円)790円
高知県2020年10月3日792円(+2円)790円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)
2020年度 九州・沖縄の最低賃金
都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
福岡県2020年10月1日842円(+1円)841円
佐賀県2020年10月2日792円(+2円)790円
長崎県2020年10月3日793円(+3円)790円
熊本県2020年10月1日793円(+3円)790円
大分県2020年10月1日792円(+2円)790円
宮崎県2020年10月3日793円(+3円)790円
鹿児島県2020年10月3日793円(+3円)790円
沖縄県2020年10月3日792円(+2円)790円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

スポンサーリンク



2020年大阪府の時間外・休日・深夜別最低賃金(当ブログ試算)
時間帯割増率時給
時間外労働午前5時~午後10時1.251,205円
(深夜)午後10時~午前5時1.501,446円
休日労働午前5時~午後10時1.351,301円
(深夜)午後10時~午前5時1.601,542円
深夜午後10時~午前5時1.251,205円

 

大阪府の最低賃金の推移
年度(発効日)最低賃金(時間額)前年比
2020年10月1日(予定)964円+0円
2019年10月1日964円+28円
2018年10月1日936円+27円
2017年9月30日909円+26円
2016年10月1日883円+25円
2015年10月1日858円+20円
2014年10月5日838円+19円
2013年10月18日819円+19円
2012年9月30日800円+14円
2011年9月30日786円+7円
2010年10月15日779円+17円
2009年9月30日762円+14円

 

東京都と神奈川県では時給が1,000円を超えているが、年収を試算してみた。
都道府県時給1日(8時間)1ヶ月(21日間)年収
東京都1,013円8,104円170,184円2,042,208円
大阪府964円7,712円161,952円1,943,424円
兵庫県900円7,200円151,200円1,814,400円

東京の最低賃金時給1,013円は、今までの感覚だと高いと感じるが年収換算は約204万円で、東京で生活するのは大変だと思う。

大阪市内のコンビニやスーパーでは、時給1,100円~1,300円くらいになっている店舗も多く、時給1,300円なら年収260万円になる。

関西圏の中では大阪市の人口が増加しているが賃金水準が影響している可能性もある。

例えば、大阪府の時給は964円、奈良県は838円(2020年10月予定)と126円の差があるので、奈良県の人は交通費全額支給なら大阪で働くことが多いのではないか?

そして、勤務先に近い大阪府内に引っ越しする人もいるかもしれない。

大阪に近い都市(西宮市・尼崎市)の人口が増加する傾向にあるが、兵庫県の最低賃金は900円(2020年10月予定)で、大阪の方が賃金(964円)が高いことが原因かもしれない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました