【東京日比谷】内幸町一丁目計画(帝国ホテル建替)全体計画敷地面積6.5万㎡ 延床面積110万㎡(三井不動産など10社)

東京都千代田区の日比谷公園近の「(仮称)内幸町一丁目街区開発計画」のでは合計6.5haの敷地を3地区に分け開発し、全体の延床面積は110万㎡で2037年に全体が完成する予定。

 

地区階数・高さ延床面積
北地区地上46階・高さ230m42万㎡(2棟合計)
地上29階・高さ145m
中地区地上46階・高さ230m37万㎡
南地区地上43階・高さ230m31万㎡
全体ビル4棟(高さ230m×3棟・高さ145m×1棟)110万㎡
全体計画では、高さ230mの超高層ビル3棟・高さ145mの超高層ビル1棟の4棟が2028年度~2036年度にかけ建設され、延床面積の合計は110万㎡となる。

 

北地区(帝国ホテル)
  • 敷地面積  2.4ha
  • 事業者   帝国ホテル・三井不動産
  • 1期工事  「ノースタワー」地上46階・地下4階・高さ230m(2030年度完成)
  • 2期工事  「新本館」地上29階・地下4階・高さ145m(2036年度完成)
  • 延床面積  42万㎡(2棟合計)
  • 全体竣工  2036年度
  • 総工費   2,000億円

  • 新本館はフランク・ロイド・ライトが設計した「旧本館(ライト館1923年竣工)」のようなデザインを採用する。
  • 客室数は現在の931室から減少させる。
  • 平均単価を現在の4万円から5万円に引き上げることを目標とする。

 

中地区(NTT)
  • 敷地面積  2.2ha
  • 事業者   NTT都市開発・公共建物・東京電力パワーグリッド(東電PG)・三井不動産
  • 規模    地上46階・地下6階・高さ230m(2029年度完成)
  • 延床面積  37万㎡(1棟)
  • 用途    オフィス・宿泊施設・商業施設・ホール
  • 基本設計  NTTファシリティーズ
  • 解体着工  2022年度
  • 竣工    2029年度

 

南地区(みずほ銀行・東電)
  • 敷地面積  1.9ha
  • 事業者   第一生命保険・中央日本土地建物・東京センチュリー・東電PG
  • 規模    地上43階・地下5階・高さ230m(2028年度完成)
  • 延床面積  31万㎡(1棟)
  • 用途    オフィス・宿泊施設・商業施設・ウェルネス促進施設
  • 解体着工  2022年度
  • 竣工    2028年度

 

 

帝国ホテル周辺には、NTT日比谷ビル、みずほ銀行内幸町本部ビル、東京電力本社ビルなどがあり、都内でも有数の規模の再開発となる。
敷地面積65,000㎡で、容積率を1,600%で試算すると、延床面積は約110万㎡となる。
出典 三井不動産
関係者権利者10社
  • NTT都市開発株式会社
  • 公共建物株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 株式会社帝国ホテル
  • 東京センチュリー株式会社
  • 東京電力パワーグリッド株式会社
  • 日本電信電話株式会社
  • 日本土地建物株式会社
  • 東日本電信電話株式会社
  • 三井不動産株式会社

出典 千代田区

東京都千代田区内幸町一丁目計画 概要
計画地の位置東京都千代田区内幸町一丁目1番
街区別諸元全体北地区中地区南地区
新本館タワー
敷地面積約6.5ha約2.4ha約2.2ha約1.9ha
主要用途予定ホテル、宴会場等オフィス、商業、サービスアパートメント等オフィス、商業、ホテル、ホール、産業支援施設等オフィス、商業、ホテル、ウェルネス促進施設等
主要建物完成予定2036年度2030年度2029年度2028年度
全体完成予定2037年度以降

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました