【東京港区】「44階・高さ165m」と「29階・高さ125m」三田小山町西地区第一種市街地再開発事業【総事業費1,081億円】

配置図(出典 東京都)

東京都は、港区三田1丁目の「三田小山町西地区市街地再開発組合」の設立を2020年9月10日に認可した。

地区面積は25,000㎡で、北街区(44階・高さ165m)と南街区(29階・高さ125m)の2街区で構成される。

延床面積は181,130㎡、総事業費は1,081億円に上り、2023年3月に着工し、2027年3月に竣工する予定。

場所は、東京メトロ「麻生十番駅」の東側の港区三田1丁目。

断面イメージ(出典 東京都)

 

三田小山町西地区第一種市街地再開発事業 概要
名称三田小山町西地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都港区三田一丁目地内
用途北街区(住宅、オフィス、店舗)・南街区(住宅、店舗、保育園)
延床面積約181,130㎡(北街区:約109,380㎡・南街区:約71,750㎡)
階数北街区(地上44階・地下1階・搭屋2階)・南街区(地上29階・地下1階・搭屋2階)
高さ北街区(高さ165m)・南街区(高さ125m)
事業主三田小山町西地区市街地再開発組合
設計
施工
着工予定2023年3月
竣工予定2027年3月

配置図(出典 東京都)

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました