W Osaka(Wホテル大阪)2021年3月16日開業 大阪・心斎橋【337室・27階・高さ約117m】

マリオット・インターナショナル(アメリカ)は、2021年3月16日(火)、大阪・心斎橋に「W Osaka(Wホテル大阪)」を開業した。

建物の規模は、27階・高さ117m・客室数337室で、設計は日建設計、設計顧問は安藤忠雄氏、施工は竹中工務店が担当した。

「Wホテル」としては日本初進出で、客室数337室のうち50室はスイートルーム、総支配人は近藤 豪氏(前セントレジス大阪総支配人)が就任する。

宿泊予約サイトの名称は「Wホテル大阪」となっている。

ちなみに、1室1泊(2名)の宿泊料金は約5万円からで、エクストリームWOWペントハウススイートは1室1泊約100万円からとなっている。

東側から撮影

御堂筋側エントランスの様子

「W Osaka」のSPG系ホテルのランクは「カテゴリー6」、ちなみに「セントレジスホテル大阪」は「カテゴリー7」で、「ザ・リッツカールトン京都」は最高ランクの「カテゴリー8」となってる。

御堂筋側低層階の様子
客室タイプ
客室タイプ名称客室面積フロア室数料金(税・サ別)
エクストリームWOWペントハウススイートペントハウススイート200㎡27階1室100万円~
WOWスイートWOW120㎡25階~26階2室75万円~
スイートルームマーベラス80㎡6階~27階35室90,000円~
ファンタスティック60㎡7階~12階12室65,000円~
スタンダードルームスペキュタクラー42㎡6階~27階287室55,000円~
ワンダフルルーム40㎡18階~27階50,000円~
コージー40㎡6階~17階45,000円~
  • ペントハウススイートは、最上階27階/天井高4.5m/客室面積200㎡/5部屋
  • 客室数は合計337室(6階~27階)
  • うち、スイートルームは50室
  • ワンダフルルームは18階~27階で客室料金5万円なのでおすすめ
  • チェックイン15:00 / チェックアウト12:00

「W」のサインが設置されている
「Wホテル」は世界最大の外資系ホテルグループ「マリオット・インターナショナル」(スターウッド・ホテルズ&リゾーツ)のホテルブランドの1つで、2020年までに世界で75ヵ所を展開する予定。
W Osakaのレストラン・施設(予定)
内容名称座席数
オールデイダイニングOH.LALA…(ドレスコード: カジュアル)朝食・昼食・夕食160席
日本料理TEPPANYAKI MYDO(ドレスコード: スマートカジュアル)昼食・夕食
日本料理 鮨 うき世(ドレスコード: スマートカジュアル)夕食10席
カフェMIXUP 朝食・昼食・夕食32席
Living RoomLiving Room Bar 朝食・昼食・夕食
バーWET Bar 朝食・昼食・夕食
プールWET Deck
フィットネスセンターFIT
スパ施設AWAY SPA
ボールルームボールルーム(400㎡)

東面(御堂筋側)エントランスを撮影

W Osaka (Wホテル大阪)物件概要
名称W Osaka(Wホテル大阪)
住所大阪市中央区南船場4丁目
用途ホテル
敷地面積2,544.46㎡
建築面積1,974.66㎡
延床面積35,812.16㎡
容積対象床面積32,593.35㎡
階数地上27階・地下1階
高さ117.399m
客室数337室(うちスイートルーム50室)
構造鉄骨造
事業主積水ハウス
設計顧問安藤忠雄
設計日建設計
建築施工竹中工務店
着工2018年10月1日
竣工2020年10月30日
開業2021年3月16日
アクセス大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から北へ徒歩3分

南面を撮影

南西低層階を撮影

南西から撮影

西面低層階を撮影

ホテル西側に「車寄せ」と「立体駐車場」を設置する。

 

東立面図(御堂筋側)


配置図

SPG(スターウッド)とは?

マリオット・インターナショナルが買収した「スターウッドホテル&リゾート」(SPG)は世界的なホテル運営会社で「ウェスティンホテル大阪」、「セントレジスホテル大阪」、「シェラトン都ホテル大阪」を運営している。

セントレジス大阪

Wホテルの顧客層

Wホテルはスタイリッシュなデザインが特徴で、セントレジスの顧客層と比較すると年齢層が若く、心斎橋のブランド店で買い物をする宿泊者が多いと予想される。

【SPGアメックス】東京 京都 大阪の高級ホテルに「無料宿泊」できる「お得なカード」
セントレジスホテル大阪 近年、「東京」「京都」「大阪」「北海道」「沖縄」を中心に日本全国で次々と高級ホテルが開業している。 それらの「高級ホテル」(SPG・マリオット系)に無料宿泊できる特典付きのクレジットカードがある。 ...

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました