「淀川大堰閘門」整備事業、2022年着工・2024年10月完成予定(大阪市都島区毛馬町)

 

出典 国土交通省

淀川の航路は「淀川大堰」によって分断され上下流で往来ができないが、「淀川大堰閘門」を整備することにより「淀川河口の大阪湾」と「淀川上流の京都伏見」の間を船が往来できるようになる。

  • 500トン台船なら1隻が通過可能
  • 大型観光船(定員 100 名程度)であれば4隻が同時通過可能

国土交通省 近畿地方整備局は、「淀川大堰閘門」の起工式を2022年1月22日に実施し、2022年8月、淀川大堰閘門躯体整備は大成建設が33億8000万円落札した。

工期は2024年10月15日の予定。

参照 建産速報社 http://www.ken-san.com/article/view/15716

淀川大堰閘門躯体整備 概要

名称淀川大堰閘門躯体整備工事
場所大阪市都島区毛馬町
事業者国土交通省 近畿地方整備局
L95m
閘室整備L55m
閘室整備L40m
鋼管杭208本
コンクリート12,253㎥
鉄筋コンクリート用棒鋼1,043トン
落札額33億8000万円
施工大成建設
工期2024年10月15日

出典 国土交通省

2022年3月撮影

2022年3月現在、工事用のスロープがほぼ完成しているようだ。今後「淀川大堰閘門」の本体工事に着工するのではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました