史上初の「宇宙ホテル」2027年開業を目指す(Gateway Foundation 米カリフォルニア州)

出典 https://orbitalassembly.com/

ゲートウェーファンデーション(Gateway Foundation 米カリフォルニア州)は、2026年に「宇宙ホテル」の建設を開始し、2027年にも開業する可能性があるとの見通しを示した。

宇宙ホテルの名前は「ボイジャー・ステーション(Voyager Station)」で、オービタル・アッセンブリー・コーポレーション(Orbital Assembly Corporation)が建設を担当する予定。

「宇宙ホテル」は、24個のモジュールからなるリング形状で最大280名が宿泊できる。

当ブログの推定では高度数百kmの低軌道に「建設」されると見られ、数時間で地上を1周すると見られる。

また、回転することによって、遠心力を発生させ「月と同じ程度の重力」を感じられると見られる。

すでに予約を受け付けていて、宿泊料は3泊で500万ドル(約5億5000万円)になるという。

宇宙ホテルに行くためには「ヴァージン・ギャラクティック」やスペースX社のロケット「スターシップ(Starship)」など民間ロケットを利用すると見られる。

 

「宇宙ホテル」や「宇宙旅行」が実現するのは20年~30年先かもしれないが、関空についても「宇宙ロケット」の利用を想定したプランを作成する必要があるのではないか?

 

 

出典 大分県

ヴァージン・オービット社(アメリカ Virgin Orbit)は、大分県の「大分空港」から2022年にも、ボーイング747型機を利用し、重さ500kgまでの小型人工衛星を打ち上げる。

実現すれば、大分空港はアジア初の宇宙港(スペースポート)となる見通し。

近い将来、大分から「宇宙旅行」に行く時代かもしれない。

2022年大分空港がアジア初の宇宙港になる ボーイング747に「人工衛星搭載ロケット」を吊り下げ、上空で切り離し・打ち上げ【水平離着陸・宇宙港】
出典 大分県 ヴァージン・オービット社(アメリカ Virgin Orbit)は、大分県の「大分空港」から2022年にも、ボーイング747型機を利用し、重さ500kgまでの小型人工衛星を打ち上げる。 実現すれば、大分空港は...

 

別府駅周辺のおすすめホテル

 



エリア大分・別府
所在地大分県別府市大字鉄輪499番地18
客室数89室
開業
アクセス大分空港から車50分/別府駅から無料送迎20分

 

ホテル名客室数エリア開業日
星野リゾート 界 別府
70室JR「別府駅」徒歩10分2021年7月
別府温泉 杉乃井ホテル647室JR「別府駅」車10分
REX HOTEL 別府46室JR「別府駅」車5分 / 別府ICから車10分2019年
別府鉄輪温泉 山荘 神和苑50室JR「別府駅」タクシー・路線バス20分
AMANE RESORT SEIKAI(潮騒の宿 晴海)46室JR「別府駅」タクシー15分2019年リニューアル

 

 

湯布院のおすすめホテル

ホテル名客室数エリア開業日
由布院温泉 ゆふいん 名苑と名水の宿 梅園26室JR「由布院駅」車5分
インターヒル 翼 湯布院10室JR「由布院駅」タクシー7分2019年9月

 

 

大分駅周辺のおすすめホテル

ホテル名客室数エリア開業日
JR九州ホテルブラッサム大分190室JR「大分駅」徒歩0分2015年4月
レンブラントホテル大分144室JR「大分駅」徒歩8分
天然温泉 白糸の湯 ドーミーイン大分187室JR「大分駅」徒歩1分
ホテルマイステイズ大分145室JR「大分駅」徒歩8分

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました