ニュース 話題 大阪市/大阪府

【緊急】2018年7月24日(火)読売テレビ「ten.」で「空前のホテル建設ラッシュ」放送決定

2018/07/25

2018年7月24日(火)午後4:47~読売テレビの情報番組「ten.」で「空前のホテルラッシュ勢いはどこまで続く?」が放送されます。

当ブログも、「大阪の新規開業ホテル2年で1万5000室」という記事を書いているので参考にしながら、テレビを見ると面白いかもしれません。

スポンサーリンク


関西のホテル客室増加数(当ブログ集計)

都市名 2016年客室数 2020年客室数 客室増加数
大阪 50,000 68,000 +18,000
京都 22,000 35,000 +13,000
神戸 12,500 15,000 +2,500
合計 84,500 118,000 +33,500

最近の大阪のホテル建設では、

  • アパホテル
  • WBF(ホワイト・ベアファミリー)
  • ユニソホテル
  • 3グループのホテルチェーン建設が多い

さらには、静岡のホテルチェーン「くれたけ」など地方ホテルも大阪に進出している。

民間のシンクタンクでは2020年に大阪のホテルは5,000室の余剰になるとしているが、テレビではどういう結論になるか注目したい。

 

放送内容

  • 大阪市内では現在100軒のホテルが建設されている
  • 2020年には大阪市で1万室が余剰になる。京都市も1万室が余剰となる。
  • 今後、ホテルはレストランや日本らしい体験など特徴を出す必要がある

気になったのが、2020年で大阪市で1万室が余剰になるという予測だ。

いろんな意味に解釈できるが、ここでは「2020年に大阪市のホテル客室数は7万室となり、そのうち1万室が余剰になる」と解釈する。

7万室に対して1万室の余剰になると、ホテル稼働率が約14%低下すると考えられる。

観光庁の資料によると2018年4月の大阪府の宿泊施設稼働率は85.0%となっている。ここから14%稼働率が低下しても71.0%の稼働率になるだけだ。

2018年4月の宿泊施設の稼働率(出典 観光庁)

( )はビジネスホテル

  • 全国平均 60.7%(76.0%)
  • 東京都    84.3%(89.3%)
  • 北海道    50.2%(65.1%)
  • 千葉県    70.0%(74.7%)
  • 神奈川県  68.2%(83.9%)
  • 愛知県     72.9%(81.0%)
  • 京都府     72.7%(89.1%)
  • 大阪府     85.0%(86.0%)
  • 兵庫県     57.9%(78.1%)

報道通り2020年に大阪市でホテル客室が1万室余剰になるとしても、稼働率は約70%になるだけで、これは全国平均の60.7%よりも高い。

また、京都府の72.7%と同程度で、兵庫県の57.9%よりもはるかに高い。

そもそも、ホテルの稼働率は60%~70%が普通であって、現在の大阪のホテル稼働率85%が高すぎる。

したがって、大阪のホテル客室が2020年に1万室余剰となっても、「普通」の状態(ホテル稼働率70%)に戻るだけで、極端な問題にはならないと思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!