ボーイング新型機「777-8型機・777-9型機」2025年就航予定、ANAも18機発注

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

 

ボーイングは、B777型機の後継機として「777-8型機・777-9型機」を開発しており、2025年に初納入する見通し。

 

座席数

  • 777-8型機:384席
  • 777-9型機:426席

 

777-9型から先行して開発しており、2020年1月に初飛行に成功している。

さらに、777-8型機をベースに777-8F(貨物機・搭載量約112トン)も開発する。

777-8Fは、既存の貨物機よりも翼長が長く、揚力が大きい。そのため、燃料効率が良く、運航コストが低いというメリットがある。

ANAは「777-9型機」18機と「777-8F型機(貨物機)」2機の合計20機を発注している。

もしかしたら、2025年大阪・関西万博の期間中に、関空に特別に就航するかもしれない。

 

777-9型機

揚力を最大化させるため、全幅は約72m(飛行時)と非常に長い。

そのため、駐機時には翼端を折りたたみ全幅はを約65mまで短縮する。

ちなみに滑走路の幅は、主要空港で幅60m、地方空港では幅45mの空港もある。

 

777-8 777-9
座席数(2クラス構成) 384席 426席
航続距離 16,170km 13,500km
座席配置 双通路型 双通路型
エンジン GE9X GE9X
翼幅(飛行時) 71.75m 71.75m
翼幅(駐機時) 64.82m 64.82m
長さ 69.79m 76.72m
ウィングチップ 炭素複合材で作られた非常に長い主翼には、折りたたみ式のウィングチップを採用。

既設空港に対応するため駐機時には折りたたみ、飛行時には7m(23フィート)長くなるよう展開し、大きな揚力を発生させて燃費効率を最大化する。

初納入 2025年予定
error: Content is protected !!