うめきた2期

うめきた2期

JR大阪駅(うめきたエリア・西側エリア)の 改札口名称「うめきた地下口・西口」に決定 2023年春開業

完成予想図(変更の可能性あり) JR西日本は、JR大阪駅の「うめきたエリア」と「西側エリア」に設置する改札口の名称を「うめきた地下口」「(JR大阪駅)西口」に決定し、2023年春に開業す筆者撮影
うめきた2期

JR大阪駅(うめきた地下ホーム)の「地上商業施設(地上駅舎)」2025年3月完成 (うめきた2期・JR東海道線支線地下化)

完成予想図(変更の可能性あり) JR西日本は、現在の「JR大阪駅」に隣接する「うめきた2期地区」の地下に「JR大阪駅(地下ホーム)」を2023年3月に開業し、その後、地上駅舎と商業施設(筆者撮影
うめきた2期

ネクストイノベーションミュージアム「うめきた2期 北公園」2024年先行開業・2027年完成

ネクストイノベーションミュージアム 出典 umekita2.jp ネクストイノベーションミュージアムは、「うめきた2期 北公園」に建設され、施設の大部分を地下に埋設し、地上部分は壁筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期北街区賃貸棟(26階・高さ124m・延床面積6.5万㎡)キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトンとオフィス 2024年4月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれる。 筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期南街区賃貸棟(39階・高さ182m・総延床面積32万㎡)ウォルドーフ・アストリア大阪・阪急阪神HDホテルとオフィス 2024年11月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれる。 筆者撮影
うめきた2期

「新宿 VS 大阪梅田」日本一の「商業・ビジネスエリア」どっち? 2025年の予想も公開

JR大阪駅前の様子「大阪阪梅田ツインタワーズ・サウス(38階・高さ189m・延床面積約26万㎡)2022年2月25日竣工」 東京と大阪の比較 まず、東京の都市圏人口筆者撮影
うめきた2期

(仮称)うめきた公園(面積4.5万㎡)2022年5月着工・2024年夏先行開業(大阪駅北側再開発・うめきた2期)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれる。 筆者撮影
うめきた2期

JR大阪駅(地下ホーム)2023年3月開業 (うめきた2期・JR東海道線支線地下化)

完成予想図(変更の可能性あり) JR西日本は、現在の「JR大阪駅」に隣接する「うめきた2期地区」の地下に「JR大阪駅(地下ホーム)」を2023年3月に開業する。 うめきた2期地区の筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期南街区分譲棟(51階・高さ182m・600戸)2028年竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期(17ha)」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれ筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期南街区賃貸棟(39階・高さ182m・総延床面積32万㎡)ウォルドーフ・アストリア大阪・阪急阪神HDホテルとオフィス 2024年11月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期」(開発面積約17ha・地区面積約9.1ha)はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期北街区分譲棟(46階・高さ172m・482戸)2026年3月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期(17ha)」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれ筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期北街区賃貸棟(26階・高さ124m・延床面積6.5万㎡)キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトンとオフィス 2024年4月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期(17ha)」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれ筆者撮影
error:Content is protected !!