大阪市・大阪府

ニュース 話題

2024年5月利用者数 関西空港248万人・伊丹空港123万人・神戸空港30万人

関西空港(筆者撮影) 2024年6月25日、関西エアポートは2024年5月(単月)の関西3空港(関空・伊丹・神戸)の利用状況を発表した。 それによると、国際線を利用した外国人旅客数は157万人で201筆者撮影
ホテル

「大阪マルビル」建替計画、最高高さ192m・延床面積7万㎡以上か?2030年春完成を目指す

出典 大阪府 大阪府は、JR大阪駅前の「大阪マルビル跡地」(梅田一丁目中央地区)を都市再生特別地区(都市再生緊急整備地域)に変更する。 最高限度は192m、容積率が2,000%まで緩和されるので、大阪筆者撮影
ニュース 話題

【全国百貨店売上高】2024年5月 4,692億円(東京1,414億円+17.3% 大阪863億円+31.5%)

阪急うめだ本店(大阪市) 日本百貨店協会が発表した2024年5月の全国百貨店売上高は、全国で4,692億円で、前年比+14.4%の増加となった。 地区別では、東京1,414億円(前年比+17.3%)、筆者撮影
ニュース 話題

大阪IR(統合型リゾート)環境アセスメントの手続完了「投資額1兆2700億円」2030年秋に開業へ(大阪湾の人工島・夢洲)

出典 大阪府(イメージパース 結びの庭) 「大阪IR株式会社」(MGMリゾーツとオリックスが中核株主)は、「大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業」の環境影響評価書と事後調査計画書を大阪市に提出し筆者撮影
グルメ

阪神百貨店梅田本店(レストラン一覧)9Fフードホール/レストラン・B2阪神バル横丁(一六茶寮 2024年6月)

阪神百貨店梅田本店(大阪梅田ツインタワーズ・サウス ) 一六茶寮(9Fレストラン)2024年6月 旬彩膳(1名2,530円) 名称 一六茶寮 所在地 大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店9F 営業筆者撮影
ニュース 話題

「梅田OSビル」2025年12月末解体完了、大阪日興ビル・梅田セントラルビル(曽根崎2丁目計画・敷地面積約3,100㎡)と共同建替へ 【大阪市北区】

梅田OSビル・大阪日興ビル・梅田セントラルビルの共同建替計画 梅田セントラルビル(左)・大阪日興ビル(中央)・梅田OSビル(右)2024年5月 建設ニュースによると、大阪梅田の「梅田OSビル」の解体が筆者撮影
ニュース 話題

ザ・ライオンズ西九条(15階建・143戸)2027年3月完成(JR大阪環状線「西九条駅」徒歩4分)

2024年6月(後ろのマンションは別物件) 大京と名鉄都市開発は、大阪市此花区に「ザ・ライオンズ西九条」を建設する。 建物の規模は、地上15階建・総戸数143戸で、設計・施工は長谷工コーポレーションが筆者撮影
ニュース 話題

ザ・グランドグレイス 大阪西九条(15階建・204戸)2026年4月完成予定(JR大阪環状線「西九条駅」から徒歩7分)

現地看板を撮影 パナソニック ホームズ株式会社(大阪)とタカラレーベン(東京)は、大阪市此花区に「ザ・グランドグレイス 大阪西九条」を建設する。 建物の規模は、地上15階建・総戸数204戸で、設計・施筆者撮影
大阪市・大阪府

信和不動産「道頓堀二丁目開発」(30階建・複合ビル・敷地面積約2,000㎡)2024年6月の現状(大阪メトロ「なんば駅」徒歩2分)

2024年6月(北から撮影) 信和不動産(大阪市)は、大阪市中央区道頓堀の「旧・ニュージャパンなんばビル跡地」(約2,500㎡)のうち2,001㎡を取得し、30階建の複合ビルを開発する。 参照 信和不筆者撮影
ニュース 話題

北陸新幹線「敦賀ー新大阪延伸」2025年度に着工・2040年度完成か?(当初2046年開業予定)

北陸新幹線「敦賀ー新大阪」延伸 北陸新幹線は、東京ー大阪間(716km)を結ぶ整備新幹線で、2024年3月16日に開業した「金沢ー敦賀間(125km)」を含め576kmが開通している。 敦賀駅ー新大阪筆者撮影
大阪市・大阪府

淀屋橋駅「西地区」都市再生事業(29階・高さ135m・延床面積13万㎡)2025年12月竣工(大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発)

出典 淀屋橋駅西地区市街地再開発組合(大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発)は、大阪メトロ「淀屋橋駅」西側に超高層複合ビルを2025年12月に竣工・2026年に開業する予定。 建物の規模は、地上2筆者撮影
大阪市・大阪府

淀屋橋駅「東地区」都市再生事業(31階建・高さ約150m・延床面積約7.3万㎡)2025年5月竣工(仮称)YODOYABASHI BUILDING

完成予想図(出典 京阪HD) 中央日本土地建物・京阪HD・みずほ銀行の3社は、「旧・日土地淀屋橋ビル」と「旧・京阪御堂筋ビル」跡地を共通化し、超高層ビル「(仮称)淀屋橋東プロジェクト」を2025年5月筆者撮影
ホテル

国土交通省の「ホテル用地の容積率緩和制度」では高級ホテル(スモールラグジュアリーホテル)に対応できない

国土交通省は2016年6月13日、地方自治体にホテル用地の容積率を緩和するよう促す通知「宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度の創設に係る通知」を出した。 これを受け、大阪市でも「ホテルの容積率緩和制筆者撮影
ニュース 話題

旧・三井ガーデンホテル大阪淀屋橋 2022年12月21日閉館 2024年6月30日解体完了

2024年6月(南東から撮影) 旧・三井ガーデンホテル大阪淀屋橋は、2022年12月21日に閉館し、2024年6月現在、解体が完了している。 三井ガーデンホテルチェーンの最初のホテル(当時の施設名は三筆者撮影
大阪市・大阪府

大阪シティ信用金庫「梅田支店」(5階建・延床面積約1,100㎡)2023年11月20日開業(大阪メトロ中津駅徒歩1分)

2024年6月撮影 大阪シティ信用金庫は、大阪メトロ「中津駅」から徒歩1分の場所に「梅田支店」を新築移転し2023年11月20日に開業した。 建物の規模は、地上5階建・延床面積約1,100㎡、設計・施筆者撮影
大阪市・大阪府

三井住友銀行大阪中央支店「地上30階建・高さ144m・延床面積約3.3万㎡」超高層ビルに建替 2030年5月完成予定

出典 三井住友銀行 三井住友銀行は、大阪市中央区北浜の「三井住友銀行大阪中央支店ビル」の東側部分(新館)を超高層ビルに建替える。 建物の規模は、地上30階建・高さ144m・延床面積約3.3万㎡で、設計筆者撮影
error: Content is protected !!