(仮称)札幌ダイビル「PIVOT(ピヴォ)再開発計画」(地上19階建・高さ約98m・延床面積約4.2万㎡)2027年1月竣工(ラグジュアリーブティックホテルは2027年春開業)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

ダイビル(大阪市)は、札幌市中心部の商業施設「PIVOT(ピヴォ)」「ペンタグラムビル」「桂和MTビル」の3棟のビルを「仮称・札幌ダイビル」として再開発する。

再開発の規模は、敷地面積約3,150㎡、延床面積約42,000㎡、地上19階建、高さ約98m、2027年1月に竣工し、ホテルは2027年春に開業する予定。

ホテル客室

カフェ&バーラウンジ

ホテルはテイクアンドギヴ・ニーズが手掛けるラグジュアリーブティックホテル「TRUNK(HOTEL)SAPPORO(仮称)」が北海道初進出する。

2019年、ダイビルは「PIVOT(ピヴォ)」「ペンタグラムビル」「桂和MTビル」の3棟のビルを100億円以上で買収したと報道されている。

ダイビルは2023年10月9日に創立100周年をむかえるが、札幌市への進出は大阪・東京に次ぐ3都市目となる。

 

フロア構成

 

施設名 仮称・札幌ダイビル
10階~18階 延床面積1.6万㎡

テイクアンドギヴ・ニーズが手掛けるラグジュアリーブティックホテル「TRUNK(HOTEL)SAPPORO(仮称)」が入居する。

ホテルの規模は、客室数100室~110室

客室単価は6万円~60万円

3階~8階 延床面積1.9万㎡

オフィス

B2階~2階 延床面積0.5万㎡

商業店舗

商業店舗

設計

設計については、日建設計が担当すると予想されている。

アクセスは、札幌市営地下鉄「大通駅」直結。

地図

(仮称)札幌ダイビル 概要

施設名 (仮称)札幌ダイビル
所在地 札幌市中央区南2条西4丁目11ほか
用途 オフィス・ホテル・商業店舗
敷地面積 3,142.63㎡
延床面積 約42,000㎡(約12,700坪)
階数 地上19階・地下2階
高さ 98.3m
事業者 ダイビル
ホテル運営 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
ホテル名称 TRUNK(HOTEL)SAPPORO(仮称)
ホテル付帯施設 カフェ&バーラウンジ

オールデイダイニング

スペシャリティレストラン

シアタールーム

ボードルーム

スパ

ジム

チャペル

バンケット

設計 日建設計(予定)
施工 未定
着工 2024年6月
竣工 2027年1月末
ホテル開業 2027年春
アクセス 札幌市営地下鉄「大通駅」直結

 

error: Content is protected !!