サムティ「旧・大和証券大阪支店」の土地建物を2019年9月20日付けで取得、2022年9月に移転済

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2024年1月撮影

2022年9月26日、大和証券株式会社は「梅田支店」を「大阪支店」へ統合し、「大阪梅田ツインタワーズ・サウス20階」に移転し営業を開始した。

旧「大和証券大阪支店」の規模は、地上11階建・延床13,000㎡で1986年11月竣工、築37年。

 

サムティが取得

サムティ(大阪市)は、2019年9月20日付で、大阪市北区の「大和証券大阪支店」の土地建物を「大和プロパティ(東京)」から取得している。

2024年1月現在、旧大和証券大阪支店は、閉鎖されている。

 

サムティは「当社グループの不動産保有・管理機能を発揮し、当該ビルの持続的かつ安定的な運営を行いつつ、将来の発展的な有効活用方法について検討していく方針です。」としている。

引用 サムティPDF

 

旧「大和証券大阪支店」 物件概要

2019年8月撮影

2019年8月撮影

2019年8月撮影

施設名 大和証券大阪支店
住所 大阪市北区曽根崎新地1-13-20
サムティ取得日 2019年9月20日
敷地面積 1,140.84㎡
延床面積 13,035.58㎡
竣工 1986年11月
用途 商業地域
建蔽率/容積率 80%/1,000%
構造 鉄骨・鉄筋コンクリート造
階数 地上11階・地下3階

出典(サムティ)

error: Content is protected !!