イオンモール(10階建)と住宅棟(22階建)を「JR横浜駅」近くに建設(延床面積合計5.6万㎡)

(住宅棟22階)

権田金属工業(相模原市)、都市再生機構(UR)、イオンモールは、横浜市駅近くの「(仮称)横浜南幸地区共同建替事業」の起工式を現地で開いた。

建物の規模は、商業棟(10階建)と住宅棟(22階建)の2棟で、延床面積は合計5.6万㎡となる。

設計施工は大林組が担当し、商業棟は2023年秋に竣工、住宅棟は2025年1月の完成を目指す。

場所は、旧ダイエー横浜西口店跡地で、JR横浜駅から徒歩5分。

(商業棟10階)

(仮称)横浜南幸地区共同建替事業 概要
名称(仮称)横浜南幸地区共同建替事業
所在地横浜市西区南幸2-16-1
用途商業施設・住宅
敷地面積7,054㎡
建築面積5,314㎡
延床面積56,000㎡(商業棟36,000㎡・住宅棟20,000㎡)
構造商業棟(鉄骨造)・住宅棟(鉄筋コンクリート造)
高さ75m(住宅棟)
総戸数250戸(住宅棟)
設計大林組
建築主権田金属工業株式会社、独立行政法人都市再生機構東日本賃貸住宅本部
設計大林組
施工大林組
着工2021年7月末
竣工2023年秋(商業棟)・2025年1月(住宅棟)
アクセスJR横浜駅から徒歩5分

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました