【2018年6月】百貨店売上 大阪地区、京都地区、神戸地区

日本百貨店協会は2018年6月の月間売上高を発表した。

地区売上高前年比増減率傾向
大阪656億円6.8%18ヶ月連続プラス
京都193億円3.1%2ヵ月ぶりプラス
神戸113億円-32.7%

(調整前-5.1%)

10ヶ月連続マイナス

引用   PDF

2018年6月18日、大阪府北部地震が発生した。

阪急百貨店梅田本店(大阪市)、阪神百貨店梅田本店(大阪市)は18日当日の営業を休業とした。

6月は30日間しかないので、1日休業すると30分の1(約3.3%)の売上減少になると予想された。

しかし、大阪地区の6月の百貨店売上は前年比+6.8%とプラスを記録した。

また、阪神百貨店梅田本店(1期部分)が2018年6月1日に開業したが、売場面積が約2割減少した。今後は開業効果が薄れるため、売上の動向が注目される。

一方、神戸地区の6月の百貨店売上は前年比-5.1%(調整前)と10ヶ月連続で前年比マイナスとなった。

大丸神戸店は、周辺の旧居留地のテナントの収益の一部を「大丸神戸店」の売上高に計上していた。しかし、2018年3月からは、徴収した賃料を不動産収入に計上し、百貨店の売上には計上しなくなった。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました