フレスポ阿波座 2022年12月1日 開業 日生病院跡地の商業施設 大阪メトロ阿波座駅徒歩3分

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2022年11月(南東から撮影)

大和リースは、大阪市西区の旧日生病院の跡地に商業施設「フレスポ阿波座」を2022年12月1日に開業した。

店舗 開業日
スーパー「mandai(万代)」 2022年11月29日(火)午前8時
フレスポ阿波座 2022年12月1日午前9時
「ネイス体操教室」

「西松屋」

「セカンドストリート」

「Seria」

「セイハ英語学院」

2022年12月1日10時

建物全体(4区画)の敷地面積は合計約1万3000㎡、店舗面積は4,079㎡。

アクセスは、大阪メトロ中央線「阿波座駅」から南西へ徒歩3分。

地図

フレスポ阿波座

完成予想図(フレスポ阿波座

名称 フレスポ阿波座
所在地 大阪市西区立売堀6丁目3-8
敷地面積 6,115.30㎡(4区画全体約1万3000㎡)
延床面積 9,625.17㎡
店舗面積 4,079㎡(旧本館)
階数 3階建(1階・2階は店舗・3階は駐車場63台)
フロア テナント
1階
  • スーパーマーケット「スーパー万代 フレスポ阿波座店」
  • クリーニング「カーニバル」
  • キリン堂
  • バーガーキング
  • 保険デザイン
  • ネイス体操教室
  • Pot@Pit(会員制屋内月極駐輪場)
2階
  • 阿波座くじめ眼科
  • なの花薬局
  • 100均ショップ「セリア」
  • セカンドストリート
  • 「西松屋」
  • 「カットコムズ」ヘアカット専門店
  • セイハ英語学院
駐車場 駐車場(屋上63台)
駐輪場 自転車(151台)、原付(8台)、自動二輪(屋上4台)
旧予防センター跡地 キンダーキッズ インターナショナルスクール
阿波座校(2023年1月開業)日英中マルチリンガル保育園
旧駐車場跡地 インドア・テニスコート「ノア大阪阿波座」(2023年4月開業)

テナント一覧

フロアマップ(1F)

フロアマップ(2F)

日本生命保険と大和リースが土地賃貸契約を結び、大和リースが商業施設の開発・運営をする。

長年にわたり医療サービスを提供してきた実績も踏まえ、健康や医療をテーマとした施設となり、スーパーマーケット、ドラッグストア、クリニックモールなどが入居する。

また別棟には、保育園、インドアテニスコートも今後開業予定。

2022年11月(南東の島津公園側から撮影)

駐車料金(Dパーキング フレスポ阿波座)

  • 1店舗利用で1時間無料
  • 2店舗利用で2時間無料
  • 20分/200円(0時~24時)
  • 夜間最大料金600円(20時~9時)

2022年11月(南東から撮影)

2022年11月(東から撮影)

2022年11月(南西から撮影)

2022年11月(西面を撮影)

2022年11月(北西から撮影)

 

旧日生病院跡地の再開発概要

敷地 敷地面積(当ブログ試算) 用途
旧本館 6,115.30㎡ スーパーマーケット

ドラッグストア

クリニックモール

屋上駐車場

旧別館 約2,500㎡ 店舗
旧駐車場 約2,000㎡ インドア・テニスコート
旧予防センター 1,515.26㎡ キンダーキッズ インターナショナルスクール阿波座校
合計 約13,000㎡

 

 

2031年春、建設予定地から東へ約800m(徒歩10分)の場所に「なにわ筋線(西本町駅)」が開業する予定で、2035年~2040年ころに、本格的な開発をする可能性もあると思う。
2022年春以降、JR大阪駅周辺では、大阪梅田ツインタワーズ・サウス、旧大阪中央郵便局、うめきた2期などが開業し、合計で数十万㎡のオフィスが新規で供給される。

そのため、大阪メトロ「阿波座駅」から徒歩3分とアクセスは悪くはないが、JR大阪駅周辺と比較するとオフィスのニーズは少ないと予想される。

一方、大阪市西区は落ち着いた雰囲気で人気の住宅地になっており、生活関連施設のニーズが高まっている。

 

旧日生病院 概要

施設名 旧日生病院
所在地 大阪市西区立売堀6丁目3番8号
敷地面積 13,533㎡
延床面積 26,718㎡
階数 地上7階・地下1階
病床数 350床

なお、新病院は2018年4月30日に旧病院から北へ約350mの大阪市西区江之子島に移転開業した。

error: Content is protected !!