大阪市/大阪府

天王寺公園「てんしば」芝生ゾーン JR天王寺駅前

天王寺公園「てんしば」

出典 大阪市

天王寺公園のエントランスエリアが、「てんしば」として2015年10月にリニューアルされた。

天王寺公園のエントランスエリア約25,000平米のうち、7,000平米が芝生ゾーンになっている。

また、天王寺公園の北東エリアは「茶臼山北東部エリア」として整備される。

 

近鉄不動産が開発

出典 大阪市

この「てんしば」事業は、大阪市と近鉄不動産の官民連携プロジェクトで、平成27年10月1日から平成47年9月30日までの20年間の事業期間となっている。

数年前まで、近寄りがたいところだったが、整備されて子供たちも遊べるようになった。

見違えるように綺麗になった。しかも民間活力を利用して短期間で整備された。

今までの、大阪市自民党や大阪市職員労組系の大阪市長は何をやっていたのか?

 

2017年4月20日 2店舗がオープン

リニューアル前(出典 大阪市)

「てんしば」には2017年4月20日にも2店舗がオープンしており、事業は好調のようだ。

 

リニューアル後(出典 大阪市)

関連コンテンツ



-大阪市/大阪府

error: Content is protected !!