阪急阪神HD 大阪梅田の「OSビル」「梅田楽天地ビル」建替えか?

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

OSビル

阪急阪神HDは、映画館・不動産事業のオーエス(OS)に対して1株5000円でTOB(株式公開買い付け)を開始、123億円を投じ完全子会社の「阪急阪神不動産」と合わせて100%の株式取得を目指す。

TOB成立後は、オーエス(OS)の映画事業を東宝に譲渡し、不動産事業「OSビル(梅田)」「梅田楽天地ビル」は建替や再開発を見据える。

引用 日経新聞

OSビル

梅田楽天地ビル

アクセスは、阪急「大阪梅田駅」から徒歩2分~3分。

地図

OSビル 物件概要

施設名 OSビル
所在地 大阪市北区小松原町3番3号
敷地面積 約1,900㎡(当ブログ推定)
延床面積 18,541.49㎡
階数 地上19階・地下2階・塔屋1階
容積率 800%(当ブログ調べ)
建ぺい率 80%(当ブログ調べ)

 

梅田楽天地ビル 物件概要

施設名 梅田楽天地ビル
所在地 大阪市北区角田町5番1号

(TOHOシネマズ梅田 別館アネックス)

敷地面積 約1,200㎡(当ブログ推定)
延床面積 4,787.11㎡
階数 地上4階・地下2階
容積率 800%(当ブログ調べ)
建ぺい率 80%(当ブログ調べ)

 

 

オーエス株式会社 概要

会社名 オーエス株式会社
所在地 大阪市北区小松原町3番3号
設立 1946年12月16日(オーエス映画劇場株式会社)

社名変更1975年(オーエス株式会社)

売上高 89億円(連結・2020年)
主要株主 東宝             21.94%

阪急阪神不動産        15.16%

日本マスタートラスト信託銀行 12.95%

阪急阪神HD          7.13%

創業者 小林一三

コメント

阪急阪神HDは、阪急電車「大阪梅田駅」駅舎、阪急ターミナルビル、新阪急ホテルの一体的再開発を計画している。

再開発のためには、既存の施設の移転先を確保する必要がある。

もしかしたら、本物件も、移転先の一つとして、再開発するのかもしれない。

そうなると、駐車場を一定数確保する必要があるので、延床面積の3分の1くらいは駐車場になるかもしれない。

error: Content is protected !!