アパホテル&リゾート御堂筋本町駅タワー(913室) 2019年12月17日開業 宿泊取材ブログ

南東から撮影

アパホテルは大阪メトロ御堂筋線「本町駅」直結の超高層ホテル「アパホテル&リゾート御堂筋本町駅タワー」(913室)を2019年12月17日(火)に開業した。

 

建物内部は「吹き抜け」になっている。

 

外廊下になっており、12月だったので少し寒かった。

 

吹抜最下段の3階には屋外プール(縦7m × 横3m)が設置されてる。

温水プールではないため夏季のみの使用となる。宿泊者専用で使用料は1,000円かかるが、プールサイドは無料で利用できる。

2019年11月(南西から撮影)

 

大阪メトロ中央線「本町駅」(18号出口)直結で、立体駐車場は35台(24時間 2,000円)ファミリーマートが2Fに入居する。

アパホテル&リゾート「御堂筋本町駅タワー」

今後アパホテルは、2022年「アパホテル&リゾート梅田駅タワー」(1,708室)、2023年「アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー」(2,064室)を開業する予定で、大阪の「キタ」「中央(本町)」「ミナミ」の3拠点に大規模タワーホテルを展開することになる。

 

1Fロビーの様子

 

産経新聞、フジテレビ、テレビ朝日から「お花」が届いていた。

スポンサーリンク



アパホテル&リゾート御堂筋本町駅タワー32階客室

南から撮影

ホテルの番号は「306」で左側の建物は「ブランズタワー御堂筋本町」38階・高さ134m。

デラックスツイン(約34㎡ 32階)

 

バスルーム

 

32階からの南側の眺望

中央に建設中の「Wホテル」が見える。

 

間取図

 

WI-FIのコードはテレビに表示される


完成予想図

 

2019年12月(南面低層階を撮影)

 

2019年11月(南東から撮影)

 

2019年11月(北側を撮影)

 

2019年11月(御堂筋から撮影)

 

2019年11月(南西から撮影)

ホテルの駐車場は西側に設置される。

 

2Fレストラン(ラ・ベランダ)

 

2Fレストラン(ラ・ベランダ)

ビジネスホテルとしては、かなり美味しかった。

 

料金 営業時間
モーニングビュッフェ 前売り1,500円(税込)・当日1,700円(税込) 6:30~10:00
ランチビュッフェ 1,500円(税込) 11:30~14:30
ディナービュッフェ 2,500円(税込)120分制 17:30~22:00(土日祝17:30~21:00)

1F「Rカフェ」

 

1F「Rカフェ」

ホテルフロア構成

3階・4階~32階 913室
3階 屋外プール
2階 ラ・ベランダ(レストラン)・ファミリーマート
1階 ロビー・Rカフェ
地下1階 大浴場

全客室に50型以上の大型テレビを設置する。

 

客室面積

客室(913室) 面積
シングルルーム(644室) 11平米
ダブルルーム(161室) 11平米
ツインルーム(105室) 14平米
スイートルーム(3室) 34平米~37平米

客室は「ダブル161室」「ツイン105室」「スイート3室」と訪日外国人の利用も想定していると思われる。

アパホテル&リゾート「御堂筋本町駅タワー」

 

アパホテル&リゾート御堂筋本町駅タワー物件概要

物件名 「アパホテル&リゾート御堂筋本町駅タワー」
所在地 大阪市中央区南本町4丁目40番5
交通 大阪メトロ御堂筋線・中央線・ 四つ橋線
「本町」駅18号出口直結
構造 鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階数 地上32階・地下2階
高さ 100.00m(工作物を含む 108.20m)
敷地面積 1,222.48平米
建築面積 879.43平米
延床面積 17,005.12平米
容積率対象面積 14,485.18平米
客室数 913室
事業主 アパマンション株式会社
管理・運営 アパホテル株式会社
設計 日企設計
施工 熊谷組
着工 2017年6月中旬
竣工予定 2019年8月下旬
開業日 2019年12月17日

 

立面図

 

配置図

アクセス

コメント
通常のホテルチェーンは、「こういうホテル」を建設できる土地を探すが、アパホテルは土地を見てから「こういうホテル」が建設できると発想している。
アパホテルの成長の理由は、ホテル業界の常識ではない「逆転の発想」から始まっている。また、ホテル利用者の本当のニーズをつかみ取る経営戦略がある。
例えば、出張の宿泊費の上限が1泊10,000円ならば、会社員は上限の10,000円でいいホテルを選択する。そこで、ホテル室料は10,000円にして、クオカード1,000円分をプレゼントするなど宿泊者にアピールした。
アパグルームの代表はホテルのプロであると同時に建設のプロでもある。例えば、通常の場合、立体駐車場はホテル本体の建設が終わってから建設するが、土地の形状によってはタワクレーンと干渉するため「立体駐車場」を先に建設した方が全体の工期を1か月短縮できる場合がある。
アパホテルの建設現場はそういう工夫が随所に見られる。ホテル業界も建設に詳しい社員が必要な時代になっているのではないか?

error: Content is protected !!