ニュース 話題 交通 神戸・兵庫

2020年6月1日 北神急行と神戸市営地下鉄一体運行開始 「三宮~谷上550円→280円に値下げ」

投稿日:

 

神戸市は2020年6月1日に北神急行線「新神戸駅~谷上駅(7.5km)」の鉄道事業を阪急電鉄から198億円で購入し、神戸市営地下鉄と一体運行する。

これにより、三宮駅ー谷上駅の運賃は550円から280円に値下げされる。

(神戸市の公表資料から引用しましたが、100%の正確性はありません。)

2020年6月1日改定後の運賃(大人)

区間 現行 2020年6月1日から
三宮ー谷上 550円 280円
県庁前ー谷上
旧居留地・大丸前ー谷上
みなと元町ー谷上
三宮ー新神戸 370円 280円
県庁前ー新神戸
旧居留地・大丸前ー新神戸
みなと元町ー新神戸

 

2020年6月1日改定後の通勤定期(大人)

区間 種類 現行 2020年6月1日から
三宮ー谷上 1ヵ月 22,300円 10,620円
県庁前ー谷上 3ヵ月 63,560円 30,270円
旧居留地・大丸前ー谷上 6ヵ月 120,430円 57,350円
みなと元町ー谷上

 

2020年6月1日改定後の学期定期(高校)

区間 種類 現行 2020年6月1日から
三宮ー谷上 中高生1学期 42,900円 19,250円
県庁前ー谷上 中高生2学期 47,930円 21,490円
旧居留地・大丸前ー谷上 中高生3学期 32,540円 14,390円
みなと元町ー谷上
  • 昼間・土休日回数券 2,750円→1,400円
  • 2020年6月1日以降、一日券で北神線を利用できる。但し5月31日以前購入分は駅窓口で交換する必要がある。
  • 定期券、回数券は2020年6月1日以降、未利用分は差額返金される。

 

北神急行電鉄

北神急行電鉄は、阪急電鉄や神戸電鉄が株主となり、1988年4月に開業し、2007年からは阪急阪神ホールディングスの連結子会社となっている。

しかし、建設費が700億円を超えたため、初乗り運賃が370円と高額になっていた。

北神急行の資産は400億円で借入金は650億円だが、神戸市は借入金を引き継がないという。

 

コメント

神戸市の北区と西区は交通が不便なため人口が減少している。そのため鉄道運賃を引き下げるために、神戸市が事業を引き継ぐものと思われる。

運賃を下げたとしても、あまり効果がないと思う。というのは、神戸市北区の住民は車で移動するのが多いからだ。したがって鉄道運賃を値下げしたところで、車で移動する生活を変えることはないと思う。

また、神戸市北区から通勤する会社員は、通勤定期だから元々自己負担はないので、運賃値下げによるメリットはない。

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 神戸・兵庫

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.