ヒューリック (仮称)心斎橋プロジェクト(28階建・高さ133m・延床面積4.6万㎡)2026年2月竣工予定(大阪メトロ心斎橋駅直結)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 ヒューリック

ヒューリック、竹中工務店、JR西日本不動産開発、心斎橋開発特定目的会社(L Catterton Real Estate・パルコが共同出資)の4社は、大阪・心斎橋の旧ヴィトン大阪心斎橋などの4棟を「(仮称)心斎橋プロジェクト」として一体開発する。

再開発ビルの規模、地上28階・高さ約133m・敷地面積約3,300㎡・延床面積約46,000㎡で、商業施設、オフィス、ホテル(223室)の超高層複合ビルとなる。

設計・施工は竹中工務店が担当し、総事業費は施設取得費を含め700億円強。

2023年1月着工、2026年2月に竣工予定。

2023年9月(南西から撮影)

2023年9月(南西から撮影)

2023年9月(西から撮影)

2023年9月(北西から撮影)

2023年9月(南から撮影)

2023年9月(南東から撮影)

フロア構成

  • 低層階(地下2階~地上6階)にはメゾネット店舗(2層~3層)を計画し、ラグジュアリーブランドを誘致する。
  • 中層階(地上8階~地上14階)はオフィスとなる。
  • 高層階(地上16階~地上28階)には、ヒューリックグループが運営する「ザ・ゲートホテル」(223室)が入居する。

アクセスは、大阪メトロ「心斎橋駅」直結で、御堂筋と長堀通の交差点の角地。

位置図

出典 ヒューリック

地図

 

(仮称)心斎橋プロジェクト 物件概要

名称 (仮称)心斎橋プロジェクト
所在地(地番) 大阪市中央区南船場3-8-4他
用途 商業施設

オフィス

ホテル(223室)

敷地面積 3,289㎡
建築面積 3,004㎡
延床面積 46,284㎡
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造
階数 地上28階・地下2階・塔屋1階
高さ 132.6m
事業者 ヒューリック

竹中工務店

JR西日本不動産開発

心斎橋開発特定目的会社(L Catterton Real Estate・パルコが共同出資)

ホテル階 16階~28階
ホテル延床面積 13,589.66㎡
ホテル客室数 223室
基本設計 日建設計・竹中工務店 基本設計共同企業体
実施設計 竹中工務店
技術コンサルティング 日建設計
施工 竹中工務店
着工 2023年1月17日
竣工予定 2026年2月

 

建築計画のお知らせ

旅館業施設計画の概要

南立面図

配置図

フロア構成

出典 ヒューリック

8階オフィスロビー(2層吹き抜け)出典 ヒューリック

フロア構成 内容
地下2階~地上6階 高級ブランド(メゾネット店舗)・クリニック・飲食店
地上8階~14階 オフィス(区画面積80㎡~880㎡)
地上16階~28階 ザ・ゲートホテル(223室)

客室面積35㎡

宿泊料1室3万円台

ホテルの最上階には「ルーフトップバー」を設置する予定

 

過去写真

2022年11月

2022年11月(南西から撮影)

2022年11月(南西から撮影)

2022年11月 西から撮影

 

旧ビル4棟の概要

配置図

建物名称 階数 延床面積 竣工時期
心斎橋プラザビル本館 地上12階・地下3階 11,314㎡ 1973年
心斎橋プラザビル新館 地上11階・地下2階 5,722㎡ 1974年
心斎橋プラザビル東館 地上12階・地下2階 9,088㎡ 1981年
心斎橋フジビル 地上9階・地下1階 5,365㎡ 1991年
合計延床面積 31,489㎡

2018年7月現在の旧4棟の持分比率

会社名 持ち分比率
ヒューリック 58%
竹中工務店 20%
JR西日本不動産開発 15%
パルコ(大丸松坂屋百貨店) 7%

引用 建設ニュース https://www.constnews.com/?p=55907

 

心斎橋プラザビル本館

名称 心斎橋プラザビル本館
竣工 1973年
延床面積 11,314㎡
階数 地上12階・地下3階
テナント ルイ・ヴィトン(退去済)

 

心斎橋プラザビル新館

名称 心斎橋プラザビル新館
竣工 1974年
延床面積 5,722㎡
階数 地上11階・地下2階
テナント カルティエ

 

心斎橋プラザビル東館

名称 心斎橋プラザビル本館
竣工 1981年
延床面積 9,088㎡
階数 地上12階・地下2階
テナント ディーゼル

 

心斎橋フジビル

心斎橋フジビル

名称 心斎橋フジビル
竣工 1991年
延床面積 5,365㎡
階数 地上9階・地下1階
error: Content is protected !!