ニュース 話題 プロジェクト 大阪市/大阪府

大阪市 夢洲にIR直結ターミナル建設 16万トン豪華客船も接岸可能

出典 大阪府(当ブログで加工)

日経新聞によると、大阪市は2019年2月1日、2024年のIR(統合型リゾート)開業を目指す大阪湾の人工島、夢洲の北側に大型クルーズ船が発着できる旅客ターミナルを設ける計画を明らかにした。

IR用地に直結させる位置で、関西国際空港や神戸港だけでなく、西日本や海外と結ぶ海の玄関口に位置づける。

ターミナル用地は幅1,350m、奥行き100m。16万トン級の豪華客船の接岸が可能となる。

引用・参照 日経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40794300R00C19A2LKA000/

コメント

現在の世界最大級の客船は「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」で総トン数230,000t・全長362m・最大幅66m。

ターミナル用地は1,350m幅なので、同時に2隻~3隻が接岸できるかもしれない。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, プロジェクト, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!