【大阪出身建築家 平田晃久氏外装デザイン】東急不動産「神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業」2022年度竣工予定

出典 東急不動産

神六再開発株式会社(東京)と東急不動産(東京)は「神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業」を進めており、外装・屋上デザインを大阪出身の建築家「平田晃久」京大教授が担当する。

なお、建築家「平田晃久」氏はJR新大阪駅前のカプセルホテルの外装デザインを担当している。

場所はラフォーレ原宿の道路を挟んだ南側で「表参道と明治通りの交差点」に面しており、キャットストリートにも近く、ランドマーク的な建物になる可能性がある。

 

神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業 概要
名称神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都渋谷区神宮前六丁目1000 番
用途店舗、公共公益施設、鉄道用変電施設、駐車場等
敷地面積3,085㎡
延床面積19,930㎡
階数地上10階・地下2階
施行者神六再開発
設計・管理日建設計
外装・屋上デザイン平田晃久建築設計事務所
施工清水建設
着工予定2020年11月
竣工予定2022年度

地図

平田晃久氏プロフィール

1971年大阪府生まれ。1997年京都大学大学院工学研究科修了。伊東豊雄建築設計事務所勤務の後、2005年平田晃久建築設計事務所を設立。現在、京都大学教授。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました