スポンサーリンク

東横INN東大阪(14階建・231室)2024年7月開業(JRおおさか東線・近鉄「河内永和駅」から徒歩1分)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

2024年3月(西面を撮影)

東横イン(東京)は、大阪府東大阪市にビジネスホテル「東横INN東大阪」を2024年3月に竣工し、2024年7月に開業する予定。

建物の規模は、地上14階建・延床面積約4,400㎡・客室数231室で、設計は日創アーキテクト、施工は日生建設が担当する。

アクセスは、JR河内永和駅・近鉄「河内永和駅」徒歩1分。

地図

 

東横INN東大阪 物件概要

2024年3月(東から撮影)手前はJR河内永和駅

施設名称 東横INN東大阪
所在地 大阪府東大阪市荒川3-4-16
用途 ホテル
敷地面積 2,542.71㎡
建築面積 375.07㎡
延床面積 4,438.27㎡
構造 鉄筋コンクリート造(RC造)
階数 地上14階
高さ 44.50m
客室数 231室
建築主 東横イン
設計 日創アーキテクト
施工 東横イン電建
着工 2022年8月
竣工 2024年3月
開業 2024年7月
アクセス JR(おおさか東線)河内永和駅から徒歩1分

近鉄「河内永和駅」から徒歩1分

駐車場 71台(平置き 先着順 500円/泊)

2024年3月(南東から撮影)

2024年3月(東面低層階を撮影)

2024年3月(南から撮影)

2024年3月(北東から撮影)

2024年3月(東から撮影)

JR河内永和駅を東側に出て、JR線の高架下を通って、ホテルにアクセスする。

JR高架下には、ローソン100がある。

近鉄奈良線「河内永和駅」

近鉄奈良線「河内永和駅」の1Fに「セブンイレブン」がある。

出典 東大阪市

出典 東大阪市

2024年3月(南西から撮影)

ホテル棟の西側に駐車場(71台)を設置すると予想される。

しかし、当初のホテルの規模は873室だったので、将来的にホテル別棟が建設される可能性もあると思う。

2024年3月(敷地の西端を撮影)

敷地西側には、東横INNが注文者となって「リネン工場・保育園」を建設しており、2024年5月31日に完成予定。

当ブログの予想

以前の計画では「18階建・873室・延床面積約16,500㎡」のホテルを建設する予定だったが、規模を「14階建・231室・延床面積約4,400㎡」に大幅に縮小する。

しかし、敷地の東側に寄せて建物を建設しており、敷地の西側には大きな未利用の面積がある。

当ブログの予想では、今後3棟くらいのホテル棟を建設して、最終的には当初計画の「873室・延床面積約16,500㎡」の規模になるのではないか?

 

建築計画のお知らせ

現地看板

以下は過去情報

東大阪市は、JR河内永和駅に隣接する「旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地」の活用事業について「東横イン」を代表とするグループと基本協定を締結した。

「東横イン」は、市有地を賃貸(事業用定期借地権 契約期間49年11ヵ月)し、873室のホテルを2021年10月に新築開業する。

建設予定地は「おおさか東線 JR河内永和駅」と「近鉄奈良線 河内永和駅」に隣接しており、新大阪駅(快速18分・普通23分)、なんば(15分)にもアクセスがよく、ビジネスや観光需要が見込まれる。

また、近鉄奈良駅へは46分かかるが奈良観光にも十分使える立地。

  • 月額賃料は800万円で、年間9,600万円、50年間で47億5000万円となる。
  • 東横インが既存建物を除去し、新にホテル(複合施設を含む)を建設し、契約期間終了時に原状回復(更地)して返却する。
  • 建ぺい率は80%、容積率は400%となる。

 

以下は以前の計画

(仮称)東横イン 東大阪 物件概要

 

出典 東大阪市

名称 (仮称)東横イン 東大阪
所在地 大阪府東大阪市荒川3-25-1
用途 ホテル
敷地面積 3,852㎡(約39m × 約100m)
建築面積 1,162.57㎡
延床面積 16,545.40㎡
構造 鉄筋コンクリート造(RC造)
階数 地上19階
客室数 873室
高さ 60m
建築主 東横イン
設計
施工
着工予定
開業予定 2021年10月頃

周辺地図

出典 東大阪市

error: Content is protected !!