神戸にしむら珈琲中山手本店(2019年訪問)

「神戸にしむら珈琲中山手本店」(2019年4月)

2021年4月26日(月)に神戸三宮阪急ビルが開業するが、ちょっと前の三宮周辺はどうだったか、振り返ってみます。

以下は2019年の情報です。

神戸にしむら珈琲中山手本店

神戸観光の始まりは、神戸の老舗珈琲店「にしむら珈琲」ですね。

しかし、三宮駅から中山手へ行くには、「サンキタ通り」を通るが「これでいいのか」と思ってしまう。

 

にしむら珈琲店の「カナディアンセット(税込1,100円)」と「グランタンセット(税込1,450円)」(2019年の情報)

朝から観光客も多かったが、クレジットカードや電子マネーが使えなかったり、仕切りのないオープンな分煙だったりする。(2019年の情報)

それが「老舗」のいい面ではあるが、観光客から見れば、どうかと思う。

 

「ホノルルコーヒー」がサンキタ通りに出来とった。

調べると2014年にオープンしてやったんや、知らんかった。(2019年の情報)

2021年4月26日(月)に神戸三宮阪急ビルが開業すると、三宮周辺を回遊する観光客も増加して、三宮周辺の老舗店へも経済効果があるのではないか?

また、経済効果を高めるには「滞在時間を長くする」ことが基本で、老舗のカフェがあると「三宮全体の滞在時間が長くなり」三宮全体へ経済効果があるのではないか?

神戸三宮阪急ビルが開業すると、三宮駅で下車して、三宮周辺を観光する人が増加するかもしれない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました