ニュース 話題 プロジェクト 交通 神戸/兵庫

【2019年10月27日】FDA 「神戸~松本」「神戸~高知」就航へ 兵庫県知事「神戸空港へ就航希望エアラインがある」

2019/07/19

神戸空港

日経新聞等によると、FDA(フジドリームエアラインズ)は、2019年10月27日以降の冬ダイヤから、「神戸~松本」「神戸~高知」路線に就航する。

当初は1日1往復とし、その後「神戸~出雲」路線の就航も検討している。

引用 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46863330S9A700C1L61000/

 

兵庫県の井戸知事は2019年7月1日定例記者会見で、神戸空港へ就航希望しているエアラインがあることを明らかにした。

具体的な会社名は明らかにしなかったが「地方空港同士を結ぶエアライン」とし、「もうすぐ具体的な動きが出ることを期待する」とした。

また、スカイマーク佐山会長が「増便枠10往復(20便)を全て使い切ってもいい」と発言したとした。

さらに、国際線プライベートジェットについては、CIQ(税関、出入国管理、検疫)や待合室を整備する必要性を指摘し「神戸市と関西エアポートの早期対応を期待する」としており、こちらはやや時間がかかりそうな印象。

https://youtu.be/9mAkXpe81hk?t=42m56s

(神戸空港については、43分頃から)

 

コメント

国土交通省は、2019年下半期採用(2019年10月1日以降)の大阪航空局管内配属の管制官を「若干名」募集しており、2019年10月27日からの「冬ダイヤ」から運用時間が1時間延長され、便数も10往復(20便)増便される可能性がでてきた。

しかし、管制官の人件費を国土交通省の予算に組み込む必要があり、2020年4月以降に「運用時間1時間延長」されるとの報道もある。

 

新規就航エアライン

井戸知事の「地方空港同士を結ぶエアライン」からも、FDA(フジドリームエアラインズ)就航の可能性が高い。

 

FDA(フジドリームエアラインズ)会社概要

設立 2008年
本社 静岡市
主要株主 鈴与
運航開始 2009年
拠点空港 静岡空港・名古屋空港
保有機(14機) エンブライエル170(76座席)3機
エンブライエル175(84座席)11機

FDAは、2019年6月18日、新に「エンブラエル175」の15号機、16号機の2機を2019年12月末に導入すると発表した。

「配備路線については、今後検討を進め、決定次第発表する」としている。

 

FDA就航空港

新千歳空港
札幌(丘珠)空港
青森空港
花巻空港
山形空港
仙台空港
新潟空港
松本空港
静岡空港
名古屋(小牧)空港
出雲空港
高知空港
北九州空港
福岡空港
熊本空港
鹿児島空港

 

神戸空港規制緩和案

神戸空港 現在の運用 規制緩和案
運用時間 午前7時~午後10時(15時間) 午前7時~午後11時(16時間)
発着枠 1日60回(30往復) 1日80回(40往復)

関連コンテンツ



-ニュース 話題, プロジェクト, 交通, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!