ニュース 話題 プロジェクト 交通 神戸/兵庫

【2019年10月27日】FDA 「神戸=松本」「神戸=出雲」就航へ 【フジドリームエアラインズ】

2019/07/26

神戸空港

FDA(フジドリームエアラインズ)は、2019年10月27日(日)以降の冬ダイヤから、「神戸=松本」「神戸=出雲」路線に1日2便(1往復)で就航する。

路線 便数 運航開始日 使用機材
神戸=松本 毎日2便(1往復) 2019年10月27日~ エンブラエル170(76席)/エンブラエル175(84席)
神戸=出雲 毎日2便(1往復) 2019年10月27日~ エンブラエル170(76席)/エンブラエル175(84席)

引用 FDA PDF

以前の報道では、「神戸=高知」路線の就航とされていたが、現時点では就航は発表されていない。

今回のFDAの神戸空港就航は、神戸空港の規制緩和により1日60便(30往復)から1日80便(40往復)に増加することから就航が可能となった。

 

神戸空港規制緩和案

神戸空港 現在の運用 規制緩和案
運用時間 午前7時~午後10時(15時間) 午前7時~午後11時(16時間)
発着枠 1日60回(30往復) 1日80回(40往復)

スカイマーク佐山会長は「増便枠10往復(20便)を全て使い切ってもいい」と発言した。

さらに、国際線プライベートジェットについては、CIQ(税関、出入国管理、検疫)や待合室を整備する必要性を指摘し「神戸市と関西エアポートの早期対応を期待する」としており、こちらはやや時間がかかりそうな印象。

 

コメント

神戸空港の運用時間1時間延長には、空港管制官の増員が必要で、そのための予算を組み込むため2020年春以降になると予想される。

当ブログの予想では、FDAは、現在の神戸空港の運用時間(午前7時~午後10時)内に就航すると見られる。

 

FDA(フジドリームエアラインズ)会社概要

設立 2008年
本社 静岡市
主要株主 鈴与
運航開始 2009年
拠点空港 静岡空港・名古屋空港
保有機(14機) エンブライエル170(76座席)3機
エンブライエル175(84座席)11機

FDAは、2019年6月18日、新に「エンブラエル175」の15号機、16号機の2機を2019年12月末に導入すると発表した。

「配備路線については、今後検討を進め、決定次第発表する」としている。

 

FDA就航空港

新千歳空港
札幌(丘珠)空港
青森空港
花巻空港
山形空港
仙台空港
新潟空港
松本空港
静岡空港
名古屋(小牧)空港
出雲空港
高知空港
北九州空港
福岡空港
熊本空港
鹿児島空港

関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, プロジェクト, 交通, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!