「東レ シルック」で日本(大阪)の観光が変化するか?【着物観光】

「東レ シルック」とは、東レが開発した「制電」「防汚」「撥水」「撥油」性能がある「最高級ポリエルテルきもの」で、絹のような風合いながら洗濯機で洗える素材。

京都など観光地では、和服で街歩きする観光客が多くなっているが、大阪や神戸ではそれほど多くない。

京都は和服の取り扱いになれた業者が多く、独自の仕入れルートやメンテンス業者が多いためかもしれない。

「東レ シルック」は、洗濯機で洗える素材なので、着物レンタルや普段使いでも従来の着物よりもメンテナンスが簡単かもしれない。

大阪城周辺など着物で街歩きすると風情がでていいと思う。

大手百貨店でも「東レ シルック」の取扱いをしているようだ。

 

 

価格的にも着物レンタルや普段使いでも使えると思う。

また、ユニクロの「ヒートテック」によって、冬のアウターが従来よりも薄手になったように機能性素材によって生活や観光が変化するということもあると思う。

さらに、日本は畳に座る文化なので天井高は低いが、欧米は椅子に座る文化なので天井高は高いと言われる。着物を着る人が多くなると、建築にも何等かの影響があるかもしれない。

例えば、カフェも着物だと何かと不便なところがあると思う。そういった不満を解決することで新たなビジネスができるのではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました