【おおさか東線 】「JR南吹田駅」 2019年3月16日開業

南吹田駅北側(2019年3月撮影)

2019年3月16日に「おおさか東線(北区間11.1km)」が開業、4駅が新設された。

南吹田駅は、JR新大阪の次の駅で、吹田市南吹田1丁目に位置する。(おおさか東線は東淀川駅には停車しない)

 

南吹田駅からの運賃(大人片道)
駅名新大阪駅大阪駅京橋駅天王寺駅奈良駅
南吹田駅120円(3分)160円180円300円800円

南吹田駅は、運賃の特例制度で「大阪市内」が適用される。

路線図

 

南吹田駅北口の様子(2019年3月16日撮影)

 

駅構内の様子(2019年3月16日撮影)

 

改札付近の様子(2019年3月16日撮影)

 

JR南吹田駅(2019年3月16日撮影)

 

ホームの様子(2019年3月16日撮影)

スポンサーリンク


おおさか東線 南吹田駅 概要
名称南吹田駅
開業日2019年3月16日
所在地吹田市南吹田1丁目
隣接駅新大阪駅ー南吹田駅ーJR淡路駅

南吹田駅 構内図

 

南吹田駅(南から撮影)

南吹田駅の南側は、道路があるだけ。これは、駅の南側は神崎川があり、倉庫などが多く、居住人口が少ないためと思われる。

 

駅前交通広場の様子(北側)

 

南吹田駅 駅前交通広場の様子(2019年3月16日撮影)

 

南吹田駅西側の様子(2019年3月16日撮影)

高架下に店舗ができるようだ。

 

南吹田駅北側の「JR東海道線アンダーパス(地下道路)」は2019年3月16日の正午開通だったらしく、道路案内は正午以降にテープをはがされた。

 

南吹田駅から淀川橋梁(旧 赤川鉄橋)を撮影

コメント

「おおさか東線」は、新大阪駅と放出駅を接続する路線と考えていたが、それ以外に、大阪都心東部の「住宅路線」の意味合いもある。

南吹田駅周辺は、吹田市と大阪市の市境や大きな川(神崎川)があるため交通の便が悪く、開発されていなかった。

しかし、「おおさか東線」が開業することで、交通の便が改善され、住宅地として大きく発展する可能性がある。

さらに2023年に(仮称)北梅田駅が開業すれば、JR大阪駅から2駅、所要時間約8分という好立地の住宅地・人気エリアになる可能性がある。

周辺には倉庫や駐車場も多く、マンションなどの再開発余地がある。最近の都心回帰の動きも南吹田駅周辺の再開発の後押しになると予想される。

アクセス

 

南吹田駅駅前広場の様子(開業前)

 

駅構内の様子(開業前)

 

改札付近の様子(開業前)

 

駅舎東側の様子(開業前)

 

駅舎北側の様子(開業前)

 

現地完成予想図を撮影(駅北側)

当初駅名は(仮称)西吹田駅だったが、最終的に「JR南吹田駅」となった。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました