【2021年12月末竣工】神戸市「西区総合庁舎」建設 西神中央駅前【税抜き35億円】

完成予想図

 神戸市は、西区役所を現在の「玉津」から地下鉄西神中央駅前に移転し、西区総合庁舎を2021年12月28日までに完成させ、2022年4月頃から業務開始を目指す。

建設予定地は、地下鉄西神中央駅から徒歩5分の商業施設「プレンティ」の旧第二立体駐車場跡地。

2020年5月25日の入札の結果「明和・湊JV」が税抜35億4000万円で落札した。事業主は神戸市が大部分を出資する第三セクター「OMこうべ」で、この「OMこうべ」は「プレンティ」を運営している。

神戸市「西区総合庁舎」新築工事 概要
項目神戸市「西区総合庁舎」
所在地神戸市西区糀台5丁目4-1
用途区役所
敷地面積約5,000㎡
建築面積約2,100㎡
延床面積10,219㎡
構造鉄筋コンクリート造
階数地上6階
設計昭和設計(大阪市)
施工明和・湊JV
竣工予定2021年12月28日

2019年6月撮影

 

 

西神中央駅西側「バスターミナル」

新「西区庁舎」は西神中央駅から徒歩5分と微妙に遠い。しかし、西神中央駅の西側には、広大な「バスターミナル」あり面積的には「西区庁舎」を建設できる。

例えば、1Fをバスターミナルとし、2F以上を「西区庁舎」とすれば利便性はかなり高まる。

しかし、建設期間中のバスターミナルの移転先が確保できないことや、建設工事の地下鉄路線への影響を考慮して「西神中央駅」の反対側(東側)の徒歩5分の場所に決定したようだ。

この結果、商業施設「プレンティ」に隣接して「西区庁舎」が建設されることになり、商業施設「プレンティ」の売上が増加する可能性もある。

「プレンティ」は神戸市の第三セクター「OMこうべ」が運営している。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました