【2023年春開業】JR大阪駅(地下新駅)からJR大阪駅へ どう接続するのか?

「うめきた2期」

現在、うめきた2期用地では東海道線支線の地下化工事が進んでおり、2023年春に現在のJR大阪駅の北に「地下新駅(大阪駅)」が開業する。

開業効果

現在 JR大阪駅~関西空港駅 関空快速 65分
2023年春 JR大阪駅~関西空港駅 特急「はるか」45分

2019年8月撮影

 

この地下新駅(大阪駅駅)と現在のJR大阪駅はどのように接続するのか?

出典 三菱地所地所

地下新駅と現在のJR大阪駅の接続ルート

ルート 構造など
地下新駅~グランフロント大阪(南館) 地下道(改札を出る)
地下新駅~大阪駅 デッキ
地下道(改札を出ない、長さ70m)

地下新駅(大阪駅)と現在のJR大阪駅とは、3つのルートで接続する。

 

グランフロント大阪へ地下で接続

地下新駅(大阪駅)から地下連絡道を建設しグランフロント大阪(南館)経由でJR大阪駅に接続する。このルートでは一回改札を出る必要がある。

 

写真の突き当りがJR大阪駅(地下新駅)

「グランフロント大阪南館」手前の地下通路は現在、行き止まりになっている。しかもJR大阪地下新駅方向に傾斜しており、通常の地下1階よりも深くなっている。

 

空中歩道(ペデストリアンデッキ)

うめきた2期 三菱地所案(出典 大阪市)

三菱地所案では「地下新駅(大阪駅)」からJR大阪駅へ接続する「ペデストリアンデッキ」を確認できる。

現在、JR大阪駅周辺では空中歩道(ペデストリアンデッキ)の建設が多い。大阪駅南側のスカイウォーク、ヨドバシ梅田ビルの連絡橋などが相次いで建設されている。

これは、将来、発生するかもしれない「南海トラフ大地震」の津波対策として、垂直避難するために空中歩道の方が有効を思われるからだ。

JR大阪駅西側2F

大阪駅ビルの西端から「地下新駅(大阪駅)」が正面に見える。

空中歩道(ベデストリアンデッキ)を接続するスペースもありそうだ。

ちなみに現在、大阪駅西側には、エコタクシー乗り場が設置されているので、北梅田駅が開業すると、エコタクシー乗り場が北梅田駅から一番近いタクシー乗り場になる。

 

出典 大阪市の地図に当ブログで加筆

 

JR大阪駅と「改札内連絡通路(地下)」で接続

error: Content is protected !!