【JR京都線】島本駅西地区再開発計画【約13ha】

2018年10月

JR京都線「島本駅」西側約12.9haを再開発する計画が進んでいる。「JR島本駅西土地区画整理準備組合」が事業者となる。

 

出典  JR島本駅西土地区画整理準備組合

名称面積用途
駅前賑わいゾーン1.6ha近隣型商業施設・病院
保留地活用ゾーン1.4ha集合住宅
個別住宅ゾーン4.0ha戸建住宅
農地保全ゾーン2.6ha田・畑
合計9.6ha

事業面積は12.9haで、4つのゾーンの面積は9.6haだが、残り3.3haは公園と道路面積と思われる。(小学校の面積が含まれるかどうかは不明)

 


出典 JR島本駅西土地区画整理準備組合

 

アクセス

コメント

JR島本駅は2008年に開業した新駅で、南東側には阪急水無瀬駅や阪急上牧駅があり、そちらの種へは開発が進んでいる。しかし、JR島本駅西側は開発が遅れていた。

JR大阪駅~島本駅の所要時間は快速25分で、JR大阪駅~JR神戸駅も25分なのでアクセスはいいと思う。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました