バンヤンツリー・東山 京都(52室)2024年春開業予定 日本初進出(ホテルりょうぜん跡地)Kyoto higashiyama Banyan Tree

出典 ウェルス・マネジメント

ウェルス・マネジメントグループ(東京)とサムティ(大阪市)は、京都市東山区に「バンヤンツリー・東山 京都(Banyan Tree higashiyama Kyoto  )」を2022年3月に着工し、2024年春に開業する。

建物の規模は、地上4階建・客室数52室で、デザインアーキテクトは隈研吾建築都市設計事務所、設計は東洋設計事務所と⼊江三宅設計事務所、施工は清水建設が担当する。

地図

バンヤンツリー・東山 京都 物件概要

施設名バンヤンツリー・東山 京都
英語表記Banyan Tree higashiyama Kyoto
所在地京都市東山区清閑寺霊山町7番
敷地面積約5,850㎡
延床面積約7,120㎡
階数地上4階・地下1階
構造鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造
客室数52室
デザインアーキテクト隈研吾建築都市設計事務所
設計東洋設計事務所・⼊江三宅設計事務所
施工清水建設
インテリアデザイン

客室デザイン

DWP International
橋本⼣紀夫デザインスタジオ
着工予定2022年3月
開業予定2024年春
アクセスJR「京都駅」からタクシー15分

京阪本線「祇園四条駅」からタクシー10分

京都市東山区の「旧ホテルりょうぜん」跡地の再開発計画で、祇園・東山地区のインターナショナルブランドホテルとしては初めて温泉付きの客室を完備する。

能舞台とレストラン・テラスのイメージ

また、京都市内のホテルで唯一となる能舞台を設置し、レストラン・テラスからは、能舞台を望むことができる。

ロビー・ラウンジのイメージ

2019年3月5日、タイの高級ホテル「バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツ」(アコーホテルズグループ)と日本のホテル運営会社「ホテルWマネジメント」は日本初進出のバンヤンツリー・ホテルの開発を発表していた。

その後、2020年8月21日、合同会社「りょうぜん」と株式会社「美松」(京都市)が京都市に開発の届出をしている。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました