ニュース 話題 プロジェクト 交通 大阪市/大阪府

関空 A滑走路 高さ1mかさ上げ

更新日:

出典 国土交通省

国土交通省は、2018年9月、台風21号の影響で浸水した関西空港のA滑走路と誘導路を高さ1mかさ上げする方針を固めた。2019年度にも工事に着手する。

引用・参照 読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190131-OYT1T50003.html

 

関空A滑走路は、海抜約3mだが、今回の嵩上げで高さ4mとなる。

A滑走路は全長3,500m × 幅60mで、離着陸に支障がないよう主として深夜に工事を行う。

そのため、滑走路の区域を分け、約10cmずつアスファルト舗装を厚くするので、完成までに少なくとも3年程度かかる。

 

工事手順

  1. 関西空港1期島の護岸の上積み
  2. 1期島の滑走路と誘導路を1mかさ上げ
  3. 関西空港1期島の護岸を再度上積みする

護岸の上積みが2回に分かれるのは、護岸を1度に上積みすると、滑走路との高度差が大きくなりすぎて、航空機の発着に影響があるためと思われる。

 

コメント

10cmずつかさ上げするので、1m高くするには10回の作業が必要になる。

工期を3年とすると、1回(10cmのかさ上げ)の工期は約3~4月と予想される。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, プロジェクト, 交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.