ニュース 話題 プロジェクト 神戸/兵庫

【神戸三宮再整備】神戸文化ホール移設計画見直しへ

2019/04/16

出典 神戸市(当ブログで加工)

神戸市は神戸文化ホールの移設計画の見直し案が浮上している。

従来案では、「三宮ツインタワー1期ビル」には「大ホール」と「区民ホール」を併設し、「中ホール」を「市役所2号館新庁舎」に配置する計画だった。

しかし、大ホールと中ホールが三宮駅前と市役所を2ヵ所に分かれることから利用者の利便性が損なわれるとし、「大ホール」を「三宮ツインタワー1期ビル」に、「中ホール」を「三宮ツインタワー2期ビル」に配置する見直し案が浮上している。

参照 神戸新聞 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201901/0011967280.shtml

スポンサーリンク



従来案

座席数 場所
大ホール 1,500席以上 三宮ツインタワー1期ビル
区民ホール 500席 三宮ツインタワー1期ビル
中ホール(音楽専用) 700席~900席 市役所2号館新庁舎

 

見直し案

座席数 場所
大ホール 1,500席以上 三宮ツインタワー1期ビル
中ホール(区民ホールを兼ねる多目的) 700席 三宮ツインタワー2期ビル
中ホール(音楽専用) 700席~900席 市役所2号館新庁舎

 

コメント

大ホール(三宮駅前)と中ホール(市役所)を約500m離れて配置するのは、聞いたことがない。

ここに、神戸市の街作りの基本姿勢が現れている。

つまり、神戸市は、三宮駅前だけが発展して、三宮駅から500m~1kmの周囲部が寂れることを恐れている。

そのため、利用者の利便性を考えずに「大ホール」と「中ホール」を約500mも離れて設置しようとしたのだと思う。

しかし、神戸市全体が寂れているのに、三宮の利便性を低めては、神戸全体が沈んでしまう。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, プロジェクト, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!