ニュース 話題 交通

京阪バス、2019年琵琶湖周辺で自動運転実験、2020年にも路線バス自動運転へ 


京阪バスは2019年に滋賀県大津市内で実証実験を行い、2020年にも路線バスの自動運転を実用化する。
スポンサーリンク


実証実験

JR大津駅から「びわ湖」までの約1kmの大通りなど大津市内の中心市街地で自動運転の実証実験を行う。

実証実験なので、運転手が同乗し、客を乗せて営業運転ができるかどうかを検証する。

 

営業運転

実証実験が成功すれば、2020年を目途に「営業運転」を行うが、当初は「運転手」が同乗し、将来的には無人の自動運転を目指す。

 

コメント

2019年にも自動運転バスの実証実験が始まるとは、思ったよりも早い。都市計画も自動運転に対応したデザインにする必要がある。

鉄道の時代から自動車の時代になり郊外の開発が進んだが、現在は都心回帰の流れになっている。

交通手段により、都市計画も大きく影響を受ける。

自動運転に出遅れると、都市間競争力で負ける可能性がある。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!