近畿大学医学部校舎、近大病院(狭山市)、堺病院を「堺市南区三原台」に統合移転2025年11月【泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」前】

出典 近畿大学病院

近畿大学は、大阪府狭山市にある医学部と近畿大学病院を、堺市南区の泉北ニュータウン(泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」前)へ移転する時期について、約1年半延期し、2025年11月に変更すると発表した。計画では2024年春ごろの移転予定だった。

建物の規模は、地上10階建、総延床面積147,000㎡、病床数800床。

物件実施設計・施工
医学部棟フジタ・南海辰村特定建設工事共同企業体
病院棟大林組

引用 朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASP9F72SJP9FPTIL02Q.html

 

近畿大学(東大阪市)は、近畿大学医学部校舎(狭山市)、近畿大学医学部附属病院(狭山市)、近畿大学医学部堺病院を統合し、大阪府堺市南区三原台の泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」前に移転することを2014年に決定した。

出典 堺市

移転新築工事は、3つの工区の合計延床面積は146,000㎡で、2025年11月に全工事が完了する予定。

近畿大学医学部は、昭和49年4月(1974年)に開設され、2024年は医学部開設50周年となる。

  • 現在の近畿大学医学部附属病院(狭山市)は現在の929床から300床へと規模を縮小して病院機能を残す予定。
  • 堺病院(440床)はすでに民間病院(310床)に経営移譲している。

近畿大学医学部・附属病院移転整備基本設計(堺市南区)概要

名称近畿大学医学部・附属病院移転整備
所在地大阪府堺市南区三原台一丁3番9 ほか
用途医学部校舎・附属病院
敷地面積約116,000㎡
延床面積約147,000㎡
病床数約800床
診療科目34科
職員数(常勤)2,000名(医師500名、看護師900名、技術400名、事務200名)
建築主近畿大学
基本設計(病院:久米設計・内藤建築設計事務所設計監理共同企業体)
(医学部:安井建築設計事務所・類設計室設計監理共同企業体)
実施設計・施工(病院:大林組)(医学部:フジタ・南海辰村JV)
着工予定2020年10月解体着工
竣工予定2025年11月
アクセス泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から直線距離300m

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました