ニュース 話題 交通

関空にビジネスジェット専用施設、2018年6月15日開業

関西国際空港はビジネスジェット専用施設「玉響」(たまゆら)を2018年6月15日に開業する。一般の利用客とは別に出入国手続きができる。
スポンサーリンク


場所は、第2ターミナル(国内線)に設け、専用の駐車場から直接出入りすることができる。

手荷物の検査や出入国審査などすべての手続きができる。また、ラウンジや会議室の設備も設置される。

手続き後は車で駐機場まで移動し、出発する。24時間利用可能で、料金は20万円。

2017年の関空のビジネスジェットの発着回数は約900回で、ほぼ横ばい。

中国などアジアの富裕層の利用を想定している。

米国から東南アジアへは10,000km以上の距離があるが、通常のビジネスジェット機の航続距離はそれよりも短いので、無給油では飛行できない。

燃料給油のため、関空を利用する可能性がある。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!