【神戸空港】FDAの親会社「鈴与」会長、大赤字の航空事業、切り離しもあり得る

ダイヤモンド・オンラインは、神戸空港にも就航しているFDA(フジドリームエアラインズ)の親会社「鈴与」の鈴木与平会長が「大赤字の航空事業の切り離しもありえる」と発言したとの記事を掲載している。

引用・参照 https://diamond.jp/articles/-/248394

 

大赤字の航空事業を鈴与グループ全体で乗り切る
  • 無料記事の範囲内だが、最終的には「鈴与グループ全体で航空事業を支える」ようだ。
  • 一見「切り離し」と「グループ全体で乗り切る」は矛盾しているように思える。
  • FDAの利用率は2020年7月で30%~40%と思われる。

もしかしたら、FDAをグループか切り離し、他社の資本参加などにより、航空事業を立て直すのかもしれない。

他社が「FDA」に資本参加すれば、「鈴与」の持ち株比率が低下するので、それを「切り離し」と表現しているのかもしれない。

 

鈴与 概要

会社名鈴与
創業1801年
設立1936年
資本金10億円
従業員数1,166人
売上高1,353億円(4,000億円グループ全体)
事業港湾運送
海上運送
自動車運送
倉庫業
所在地静岡市清水区

鈴与は、海運、陸運事業を行っているが、2009年の静岡空港開港に合わせ2008年にFDA(フジドリームエアラインズ)を設立した。

航空事業参入により、鈴与は陸・海・空の3つの事業を行うことになった。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました