ニュース 話題 交通 神戸/兵庫

神戸市長「神戸市営地下鉄 海岸線は失敗」

神戸市営地下鉄海岸線改札

2018年10月4日、久元喜造神戸市長は、甲南大学法科大学院の講義で、赤字が続く市営地下鉄海岸線について「ランニングコストさえ賄えておらず、政策の失敗としか言いようがない」と断言した。

引用 神戸新聞

スポンサーリンク


発言の経緯

大阪市が地下鉄を民営化したが、「神戸の地下鉄は赤字(失敗)なので民営化できない」という主旨で発言したと思われる

 

2016年度 神戸市営地下鉄実績

西神・山手線 海岸線
営業キロ 22.7km 7.9km
車両数 168両 40両
乗車人員 年間 9,544万人 1,659万人
1日 26.1万人 4.5万人
乗車料収入 166億円 21億円
純損益 62億円 -45億円
累積損益 134億円 -921億円

 コメント

地下鉄海岸線の開業時の目標は「1日13.8万人」だったが、2016年現在で「1日4.5万人」しかいない。

「西神・山手線」の黒字62億円で「海岸線」の赤字45億円を補填する形になっている。

そういう意味でも「海岸線は失敗」と言える。

実際に海岸線に乗って見ると夕方のラッシュ時は満員で、利用者も多い。通勤通学客は多いが、昼間の利用者が少ない。

昼間時間帯を2割~4割引きにしたり(JRの昼得のようなもの)、昼間の1駅区間の運賃を100円にしたり需要を喚起すれば乗客も増加するはずだ。

「三宮・花時計前駅」~「旧居留地大丸前駅」500mで運賃210円とかありえない。

神戸市長の工夫のなさが失敗だと思う。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!