帝国ホテル 京都祇園に高級ホテル(60室)2026年春開業予定「弥栄会館」の壁面保存・新築

帝国ホテル(東京)は、京都市東山区祇園の弥栄会館(国登録有形文化財)の「南壁面と西壁面」を残し、本棟と北棟の合計約60室の高級ホテルを建設する。

建物の規模は、地上7階(本棟)と地上2階(北棟)の2棟で、2021年6月に解体保存工事を始め、2022年4月に新築着工、2025年10月竣工、2026年春に開業する予定。

場所は京都市東山区祇園の花見小路に面し、祇園甲部歌舞練場の北側。

配置図

帝国ホテル 京都祇園の「弥栄会館」壁面保存・新築計画概要

名称帝国ホテル 京都祇園の「弥栄会館」壁面保存・新築計画
所在地京都市東山区祇園町南側570-2
敷地面積3,623.17㎡
延床面積10,804.24㎡
客室数約60室(本棟3階~7階・北棟1階~2階)
付帯施設レストラン・バー・フィットネスジム・スパ・プール
棟数2棟(本棟一部増改築・北棟新築)
階数(本棟 地上7階・地下2階) /(北棟 地上2階・地下1階)
構造鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造
高さ31.5m
着工2021年6月解体保存着工、2022年4月本体工事着工
竣工2025年10月
開業2026年春
総事業費110億円

 

本棟 北面外観

北棟

  • 帝国ホテルが「八坂女紅場学園」から土地を賃借し新ホテルを運営する。
  • 帝国ホテル東京、上高地帝国ホテル(長野)、帝国ホテル大阪に次ぎ4店舗目となる。
  • 京都市の祇園町南歴史的景観保全修景地区ならびに12m高度地区に指定されているが、本物件は「壁面を保存した改修」ということで解体前の高さ約31.5mが認められた。

 

弥栄会館 物件概要

弥栄会館(南西から筆者撮影2019年6月)

花見小路側(西側)から撮影(2019年6月)

名称弥栄会館(やさかかいかん)
所在地京都市東山区祇園町南側570-2
階数地上5階・地下1階
構造鉄骨鉄筋コンクリート造
建築面積1,272㎡
設計木村得三郎
施工大林組
竣工1936年

 

2019年10月、帝国ホテルはホテル開業について所有者「八坂女紅場学園」と基本合意した。

当時の報道では、建物を改修し約70室の高級ホテルとして2022年春に開業する予定だったが、変更されたようだ。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました