【横浜市】みなとみらい(MM)21中央地区53街区(複合ビル2棟18万㎡)2024年完成 投資額1100億円

出典 ヤマハ

大林組、京急、ヤマハなど5社は、横浜市西区の「みなとみらい(MM)21中央地区53街区」の建設に2021年4月に着工し、2024年3月末に完成する予定。

建物の規模は、2棟(高さ158mと高さ90m)・延床面積18万㎡で、京急EXホテル(150室)とオフィスが入居する。

設計施工は大林組が担当し、総投資額は1,100億円。

場所は、横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」の近接地。

 

みなとみらい(MM)21中央地区53街区 概要
  • 所在地   横浜市西区みなとみらい五丁目1番1他
  • 敷地面積  20,620.58m²
  • 延床面積  183,132.29m²(WEST棟+EAST棟)
  • 高さ    158m(WEST棟)/ 90m(EAST棟)
  • 階数    地上30階・地下1階・塔屋2階(WEST棟)/ 地上16階・地下1階・塔屋1階(EAST棟)
  • 事業者   大林組、京急電鉄、日鉄興和不動産、ヤマハ、みなとみらい53EAST合同会社
  • 設計    大林組
  • 施工    大林組
  • 着工    2021年4月
  • 竣工    2024年3月末
  • 投資額   1100億円

 

地図

フロア構成

出典 ヤマハ

WEST棟

  • 26~30階 京急EXホテル(客室面積20㎡以上)
  • 25階 全体共用
  • 5~24階 オフィス
  • 4階 全体共用
  • 3階 店舗
  • 2階 店舗
  • 1階 駐車場、店舗、オープンアトリウム

 

EAST棟

  • 5~15階 オフィス
  • 4階 全体共用
  • 3階 オフィス、店舗
  • 2階 店舗
  • 1階 駐車場、店舗、オープンイノベーションスペース、オープンアトリウム
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました