神戸/兵庫

エビスタ西宮、2万5000平米に増床、2018年秋

2017/08/28

阪神電気鉄道は阪神西宮駅の商業施設「エビスタ西宮」を現在の1万5000平米から2万5000平米に増床すると発表した。

プレスリリース

阪神西宮駅の北側ロータリー約5,000平米の土地に3階建て延べ床面積約1万平米の駅ビルを新築する。

エビスタ西宮は阪神西宮駅に2003年に建設され、2016年に大幅リニューアルされた。現在、阪神百貨店と29の専門店が入居している。

増床ビル計画概要

  • 鉄骨造・地上3階
  • 建築面積 約5,000平米
  • 延床面積 約10,000平米(全体で約25,000平米)
  • 店舗面積 約6,000平米(全体で15,500平米)
  • 1F ファストフードなどの飲食店
  • 2F 衣料品、雑貨、化粧品
  • 3F フィットネスクラブ、市営保育施設
  • 店舗数 増床部分約31店舗(全体で約60店舗)
  • 着工 2017年8月下旬
  • 竣工 2018年秋(予定)

阪急西宮北口駅は関西の人気住宅地になっており、阪神西宮駅も商業施設の充実により沿線人口の増加が期待される。

阪急西宮北口駅から阪急今津線で阪神今津駅を経由して阪神西宮駅に行ける。

阪神西宮駅北側はタクシー会社の駐車場があったりと再開発余地がある。ただJR西宮駅や阪急夙川駅から徒歩圏ながら距離があるので、超高層ビルなどの本格的な都市地再開発となるのかどうかは微妙なところ。

スポンサーリンク



-神戸/兵庫

error: Content is protected !!