NTT西日本「新本社(12階建・延床面積約4.2万㎡)」を京橋に建設 NTT WEST i-CAMPUS(2021年10月完成予定)2022年1月に移転予定

2021年10月撮影(左が新本社:右は既存の新京橋ビル)

NTT西日本は、JR京橋駅の北西の社有地に「新本社ビル(A棟)と共創施設」の2棟を建設する。

建物規模は、地上12階・高さ約60m・延床面積約42,000㎡(2棟合計)で、2019年11月に着工、2021年10月末に完成、2022年1月から稼働する予定。

設計はNTTファシリティーズ、施工は竹中工務店が担当する。

既存棟を含む全体の延床面積は97,547.63㎡となる。

2021年10月撮影

本敷地の名称を「NTT WEST i-CAMPUS」とする。

 

2021年10月撮影

 

完成予想図(出典 NTT西日本)

 

敷地南側からの鳥瞰イメージ(出典 NTT西日本)

 

共創施設イメージ(出典 NTT西日本)

 

建築計画のお知らせ

(出典 NTT西日本)

 

新本社ビル(A棟)・共創施設 物件概要

名称新本社ビル(A棟)・共創施設既存建物を含む全体
所在地(地名地番)大阪市都島区東野田町4丁目499番
所在地(住居表示)大阪市都島区東野田町4丁目15番82号
用途事務所
敷地面積31,008.84㎡
新本社ビル(A棟)共創施設既存建物を含む全体
建築面積3,622.55㎡1,904.67㎡12,454.68㎡
延床面積38,541.87㎡4,120.80㎡97,547.63㎡
容積対象面積38,977.38㎡92,860.13㎡
構造鉄骨造鉄骨造鉄骨造
階数地上12階・地下1階地上3階(既存建物 地上11階)
高さ59.7m17.5m
建築主西日本電信電話西日本電信電話
設計NTTファシリティーズ
施工竹中工務店
着工予定2019年11月初旬
竣工予定2021年10月末日

 

立面図

 

配置図

 

(既存)NTT西日本新京橋ビル 物件概要

NTT西日本新京橋ビル

名称NTT西日本新京橋ビル
所在地大阪市都島区東野田町4-15-82
用途オフィス
敷地面積38,008.84㎡
建築面積3,885.91㎡
延床面積38,632.53㎡
構造鉄骨造
階数地上11階
竣工2017年8月

引用 https://www.ntt-f.co.jp/architect/building/ntt-west-kensyuu-kyobashi.html

 

 

現在の本社ビル

大阪城公園の南側に建つ現在の本社ビル(大阪市中央区馬場町)は、(中略)2025年大阪・関西万博や、統合型リゾート施設(IR)の大阪誘致などもあるなか、(再開発は)ホテルなど観光分野になる可能性もある」と話した。

引用 産経新聞http://www.sankeibiz.jp/business/news/190826/bsj1908261909005-n1.htm

 

出典(NTT都市開発)南側からのイメージ

NTT西日本(大阪市)、NTTアーバンソリューションズ(東京)、NTT都市開発(東京)は「法円坂北特定街区」の開発概要を発表した。

それによれば、大阪城南側のNTT西日本本社を高級ホテルに建替え2025年春に開業する。

 

出典(NTT都市開発)

建物の規模は、20階建・高さ102m・客室数220室で、基本設計はNTTファシリティーズ、実施設計・施工は竹中工務店が担当する。

延床面積は約39,000㎡で客室数220室なので、1室当たりの面積は177㎡となる。もちろん延床面積にはレストラン、ロビーなどが含まれるが、客室面積50㎡以上の高級ホテルとなるのではないか?

ちなみに、ヒルトン系最上級ホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋(2026年開業予定)」は延床面積32,000㎡で197室となり、1室当たり162㎡となる。

当ブログの予想では、うめきた2期に開業が予定されているヒルトン系最上級ホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア大阪(仮称)」と並び日本最高級のホテルとなる可能性がある。

 

  • 全体の敷地面積は13,600㎡
  • 西から「史跡指定地(5,800㎡」「ホテル(4,900㎡)」「オープンスペース(2,900㎡)」の3敷地に分かれる。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました