【日経新聞】「大阪や京都に比べ神戸の集客力は見劣り」

2018年11月7日 日経新聞

JR西日本が3月末に閉館した三ノ宮駅(神戸市)直結の駅ビルの解体作業が(11月)8日に始まる。

しかしビルの再整備計画はまだ神戸市に提出されていない。

大阪や京都に比べ神戸の集客力は見劣りし、採算性などが課題になっているもようだ。

スポンサーリンク


JR西日本 乗車人員 上位15駅(2017年度1日平均)

順位駅名乗車人員
1位大阪駅436,187人
2位京都駅203,296人
3位天王寺駅148,254人
4位京橋駅133,799人
5位三ノ宮駅124,169人
6位鶴橋駅99,474人
7位広島駅77,174人
8位神戸駅70,518人
9位岡山駅68,724人
10位新今宮駅65,567人
11位高槻駅64,555人
12位新大阪駅60,751人
13位明石駅53,210人
14位姫路駅51,669人
15位北新地駅50,788人

コメント

JR三ノ宮駅の乗車人員は第5位で、大阪市環状線の天王寺駅、京橋駅よりも少ない。

神戸の集客力の減少が、JR三ノ宮駅の再開発の遅れにつながっているのかもしれない。

JR西日本は2015年9月に、三ノ宮駅南側の広場で温泉掘削している。しだがって、駅ビルの中核施設は「ホテル」と思われる。

実際、JR三ノ宮駅で下車して徒歩10分の大丸神戸店に買い物に行く人も多い。しかし、キャリーバッグを持った旅行者にとっては、徒歩10分でも遠い。JRにとって最も駅前立地を生かせるのが、「ホテル」と言える。

当ブログが予想するに、ホテル建設という方向性は決まっているが、「ホテルの規模」と「商業施設の規模」が決定していないように思える。

 

新駅ビル面積予想

新ビル延床面積ホテル面積商業施設面積容積率予想
20,000平米(旧三宮ターミナルビル)約12,000平米(190室)約8,000平米(OPA5,600平米)600%
30,000平米20,000平米10,000平米600%~700%
50,000平米30,000平米20,000平米800%~1,000%
100,000平米50,000平米50,000平米1,500%~2,000%

単に駅利用者の数だけではなく、「日帰り客」か「宿泊客」かによって「採算性」は違ってくる。

大阪市内、京都市内に宿泊できず「神戸」に宿泊するケースが多い。しかし、2020年までに、大阪と京都で合計2万室以上のホテルが開業するので、神戸の宿泊需要が減少する可能性もある。

JR西日本としては、大阪や京都のホテルが開業した後、神戸に宿泊需要があるのか見極めたいのかもしれない。

また、神戸市による「三宮バスターミナルツインタワー(雲井通再開発)」の詳細が不明で、それが出てから、駅ターミナルビルを開発する方針かもしれない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました