ニュース 話題 神戸/兵庫

六甲アイランド、 中心施設の全テナント撤退【食品スーパー閉店】


神戸市東灘区の人工島・六甲アイランド(六アイ)の大型複合施設「神戸ファッションプラザ」の商業棟から、最後のテナントの食品スーパー「パントリー六甲アイランド店」が2018年7月3日に閉店する。

今後は、六甲アイランドは2万人が居住するが、スーパーは「グルメシティ 六甲アイランド店」1店舗のみになる。
スポンサーリンク



六甲アイランド 概要

  • 総面積 約595ha
  • 着工       1972年
  • 入居開始 1988年
  • 六甲ライナー開業 1990年
  • 計画人口約30,000人
  • 居住人口約19,000人

コメント

今回のスーパー撤退は、施設所有者が管理費を滞納したことによるもので、食品スーパーの需要はあると思う。実際、コンビニは約10店舗ある。

商圏人口が19,000人ということで、大型のショッピングセンターは無理だが、小型の食品スーパーは2店舗あっても十分、営業はできると思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!