【2020年10月頃】産経新聞 全国紙やめる 首都圏と関西圏に限定

産経新聞大阪本社(JR難波南)

全国紙の産経新聞が、2020年10月を目途に、販売網を首都圏と関西圏に限定し、全国紙から撤退する。

引用 FACTA https://facta.co.jp/article/201812031.html

  • スマホの普及などで産経新聞をはじめ、新聞業界全体は縮小傾向にある。
  • 2020年10月以降は、首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)と静岡、関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)のみで自社の販売網による配達を継続する。
  • その他の地域は、他の全国紙や地方新聞の販売網に委託して配達するか、郵送で対応する。
  • 電子版も活用する。
  • オフィスビルやホテルなどを建設し、不動産収入に注力している。

 

 

産経新聞大阪本社(JR難波駅南)

 

全国紙の販売部数(引用 日本ABC協会 2018年1月~6月平均)
社名部数
読売新聞851万部
朝日新聞595万部
毎日新聞282万部
日経新聞243万部
産経新聞150万部

産経新聞は販売部数150万部の全国紙であるが、東京本社版(63万部)と大阪本社版(87万部)の2地域の合計は150万部なので、実質的に関東と関西の2地域でしか読まれていなかった。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました