スポンサーリンク

大阪港・天保山客船ターミナル整備 2024年4月30日引渡し・2024年5月稼働か?(PFI事業)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

出典 大阪市

天保山ターミナルサービス株式会社(五洋建設株式会社大阪支店を代表企業とする特別目的会社)は、大阪市港区で「天保山客船ターミナル」を建設しており2024年4月30日に引渡しを受ける。

当初は2024年4月稼働予定だったが、想定外の地中障害が発生したことから工事を遅れ、2024年5月に稼働すると予想される。

2024年4月(南から撮影)

建物の規模は、地上3階建・延床面積5,090㎡と旧ターミナルの約2倍で、設計は松田平田設計大阪事務所、施工は五洋建設、維持管理は日本管財が担当する。

将来的には、22万トンの客船にも対応できる計画で、クルーズ客船の母港化を目指す。

CIQ処理能力は、最大41ブースで1ブース当たり120人/時で最大4,900人/時。

2024年4月(南東から撮影)

アクセスは、大阪メトロ中央線「大阪港駅」から徒歩5分。

地図

天保山客船ターミナル整備事業 概要

出典 大阪市

名称 天保山客船ターミナル整備
所在地 大阪市港区築港3丁目11-8
建築面積 2,593㎡
延床面積 5,090㎡
階数 地上3階建
構造 鉄骨造
代表企業 五洋建設
構成企業 松田平田設計大阪事務所・日本管財
施工 五洋建設
設計 松田平田設計大阪事務所
維持管理 日本管財
供用開始 2024年5月(予想)

断面図

  • 多様なクルーズ客船に対応した迅速なCIQ審査が可能
  • 最大41ブースのフレキシブルな配置が可能な2階の入出国審査スペース
  • 出国時と入国時でレイアウトを変更できるM2階の多目的ホール
  • 審査前後の待合いや観光案内等のインフォメーションスペースを1階に配置
  • 将来の22万総トン級のクルーズ客船にも対応できる施設計画

10万トン以上の大型客船の乗客は3,000人~5,000人で、観光バスが50台~100台が必要となる。

大阪市の位置図によると「観光バス」が護岸近くまで乗り入れると予想され利便性は高い。

2024年4月(南西から撮影)

2024年4月(南から撮影)

ピロティ―からタクシーや観光バスが護岸に進入すると予想される。

2024年4月(南から撮影)

 

2024年4月(南東から撮影)

2024年4月(東から撮影)

 

過去写真

2023年5月

error: Content is protected !!