未分類

なぜ豊中市(大阪府)の気温は高いのか?

2017/05/22

なぜ、豊中の気温が高いのか?

豊中市(大阪府)の気温は36度を記録し、全国の最高気温ランキングで10位になることも多い。記録上、関西圏でも気温が高い。

 

1 豊中市の気温は伊丹空港のアメダス観測地点で計測している。もちろん、緑地で計測している。

しかし、伊丹空港は3,000m滑走路を持ち、アスファルト舗装部分やコンクリートの敷地が広く、また鉄筋コンクリートのターミナルが熱せられ、その影響で周囲の気温も1~2度高くなっている。

2 豊中市の西には六甲山がある。夏は南からの暖かい空気が六甲山に当たり上昇する。

気象条件によっては六甲山から吹きおろしの風が吹く。そうすると「フェーン現象」で気温が高くなることがある。

3 豊中市のアメダス観測所がある伊丹空港は標高12mと低い。気温は100m標高が高いと0.6℃高くなる。したがって標高の低い場所の気温は高くなることが多い。

アメダスの場所 標高
豊中市 12m
大阪市 23m
茨城市 78m
枚方市 26m
堺市 20m
八尾市 10m
関空島 5m
河内長野市 160m
熊取市 68m
神戸市 5m
京都市 41m

豊中市の多くは標高20m~50mの豊中台地である。

 

まとめ

豊中市の気温が高いのは、伊丹空港近辺で計測していること、また六甲からの風がフェーン現象で気温が高くなる。

大阪航空測候所の住所は大阪市豊中市蛍池西町3-371。

スポンサーリンク



-未分類

error: Content is protected !!