ニュース 話題 大阪市/大阪府

大阪・梅田地区、オフィス不足、空室率2.73%【2017年8月】

2017年8月現在、大阪・梅田地区のオフィス空室率は2.73%となり、オフィスが不足する事態となった。

また、大阪ビジネス地区全体の空室率も3.96%と2000年代で最も低くなった。

 

大阪でオフィスが不足した2つの理由

  • 2013年にグランフロント大阪が開業し、15万平米のオフィスが大量供給されたことにより、供給過剰懸念から、新規のオフィスビル建設が減少した。ちなみに2017年8月現在、グランフロント大阪の稼働率は95%。
  • 2010年以降、訪日外国人が増加し、ホテル不足になったことから、オフィスビル建設より、ホテルを建設する傾向が強くなった。また、既存オフィスビルからホテルへリノベーションする事例も多かった。

今後の大阪梅田地区の大規模開発

阪神百貨店建替えプロジェクト

  • 梅田1丁目1番地計画
  • 延床面積     260,000平米
  • オフィス面積   143,000平米
  • カンファレンス   4,000平米
  • 百貨店ゾーン   100,000平米
  • 高さ     190m、地上38階、地下3階
  • 竣工予定   2022年(百貨店は2018年部分開業)

 

大阪中央郵便局建替えプロジェクト

  • 梅田3丁目計画
  • 延床面積     217,000平米
  • オフィス面積   135,500平米
  • 商業施設面積    48,000平米
  • 劇場面積      10,000平米
  • 高さ      187m、地上40階、地下3階
  • 建設予定 2015年着工・2019年竣工の予定だったが、さらに延期

スポンサーリンク



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!